Amazon Kindleでは、 おおきく振りかぶって(15) アフタヌーンKC をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 576
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
おおき&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おおきく振りかぶって(15) (アフタヌーンKC) コミック – 2010/6/23


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 576
¥ 576 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

おおきく振りかぶって(15) (アフタヌーンKC) + おおきく振りかぶって(16) (アフタヌーンKC) + おおきく振りかぶって(17) (アフタヌーンKC)
合計価格: ¥ 1,738

これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容説明

面白さ絶対保証! 大人気本格高校野球漫画、待望の最新刊! 監督は女性、選
手は全員1年生。県立西浦高校の新設野球部に集まった10人の選手たちは、弱気
で卑屈な投手・三橋を中軸に、一丸となって甲子園優勝を目指す!! 試合や練
習を通じて成長していく選手たちのまばゆい姿。最新のスポーツ科学を下敷きに
描く、全く新しい野球の面白さ。丹念に描かれる青春の情動。そのどれもが日本
中から熱烈な支持を集める、今いちばん面白い青春スポーツ漫画!!


全国高等学校野球選手権埼玉大会5回戦。西浦と、美丞大狭山高校の熱戦に決着! 試合を終えてチームに去来するものは。この大会でじゅうぶん戦ったのか、自分たち は何かを得たのか、そして、「次」は? 全員1年の新設野球部としての時期は終わ り、新しいチームに生まれ変わるための産みの苦しみ。選手全員の覚悟が問われる1 5巻!

著者について

ひぐち アサ
1970年生まれ。埼玉県さいたま市出身。法政大学文学部を卒業。1998年、ひぐちアーサー名義でアフタヌーン四季賞を受賞し、デビュー。現在、「アフタヌーン」にて『おおきく振りかぶって』を連載中。同作品で2006年第10回手塚治虫文化賞・新生賞、2007年第31回講談社漫画賞・一般部門を受賞。

登録情報

  • コミック: 191ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/6/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063106705
  • ISBN-13: 978-4063106701
  • 発売日: 2010/6/23
  • 商品パッケージの寸法: 17.8 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (18件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5

最も参考になったカスタマーレビュー

74 人中、70人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 hibiki 投稿日 2010/6/23
形式: コミック
 美丞に負けたところからの巻なので、たぶんアニメ第二期の終わりからもつながり、アニメから入った人も買いやすいんじゃないだろうか。

 ここからの話大好きです。やっぱり、スポーツって勝ち続けるだけじゃなくて、負けてそこからの成長や振り返りってのが、本当の経験になっていくんですよ。だから、この巻の西浦のメンバーたちの葛藤や、「目標をチームとして統一していなかった」から「目標を統一しよう」っていう流れがメンバーの成長だけでなく、チームの成長物語として凄い納得できる!
 メンバーみんなの“目標”というものに対する考え方と葛藤が、凄い納得・共感できるんですよね。

 特にコマは少ないけど西広君とか。
 「全国制覇」という田島・三橋の側につきたい!という希望と、でも自信がない、だから言い出せない……みたいな葛藤とかよくわかるんですよね。大きな目標を持つということは、そこにコミットしたときの責任が発生する。責任が単に重いから、というのではなく、“周りが自分をその責任に見合っている”と見なしてくれるかどうかに自信が持てない、怖い……という。単に自分に力がない、というだけでなく、力がない自分が無責任に大きな目標を掲げることが、仲間に迷惑になるんじゃないのか、という重いとか。

 ほんと、この漫画はこういうキャラクターたち
...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
18 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 kaz-sato 投稿日 2010/7/14
形式: コミック
賛否両論あるのかもしれませんが、
私は、こういう試合じゃないお話も好きです。

甲子園を目指すということは、
高校球児である本人たちはもちろん、
まわりの人々の献身的な協力が
本当に、大切なんだな〜というのが伝わってきます。
そんなふうに、全身全霊をつぎ込める目標を
青春時代に見つけることができて、
みんな幸せだなぁ。

さて、天性の才能を持った、田島君、
ただただ、投げることが大好きな三橋君、
キャラクターが突出した仲良しの二人も大好きですが、
結局、共感してしまうのはいつも花井君な私。
高い目標を立てられない自分に悩んだり、
甲子園優勝という高い目標を目指して頑張ることで
少なくとも甲子園にはいけるはずだから
と理屈を付けてみたり。
天才、田島君に遠慮してしまったり。

そんな花井君が、読者の気持ちをちゃんと
日常と結び付けてくれているのかな〜と
15巻を読んで思いました。

なんて・・・花井君は西浦のキャプテンなんだから、
そんな彼に共感なんておこがましいんだけどね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
46 人中、42人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 cure 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2010/6/24
形式: コミック Amazonで購入
前巻にて、清々しい試合と次の試合への猛烈な意欲を見せてくれた西浦ナイン。本巻では新たなスタートを切るために選手一人
一人が自分を見つめ直す過程が描かれている。バッテリーとしての距離感が一歩前進した三橋と阿部、改めて田島との距離の
程遠さを痛感しながらも必死に考え伸びようとする花井をはじめ、皆等身大の高校生として精一杯自分に出来ることを考えてい
る様子が読んでいて微笑ましい。そして選手達が辿り着いた一つの「目標」とは?是非じっくりと読んで頂きたいハイライトだ。

他にも印象に残ったところを何点か。一つはモモカンの選手を見つめる視点だ。実は本巻で今まで殆ど明かされてこなかった彼
女の過去が断片的に明らかになるが、選手ひとりずつの性格を的確に見つめ、彼らを選手としてだけでなく人間としても育てて
いこうという姿勢を垣間見た台詞「部活のあとも人生は続く」は特に心に残った台詞だ。
二つ目は和さんのジレンマ。高校球児としての3年間を初戦敗退という形で終えた彼、しかしどこかに心の痛みを抱えながらも
球場に一人赴く。そのもやもや感を振り切り前に進もうとしている様子が丁寧に描かれているのが嬉しい。実際彼と同じジレンマ
を抱える球児は多くいることだろう。しかしその葛藤を克服した先にはまだ長いが有意義な人生
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 YOSHIICHI トップ1000レビュアー 投稿日 2010/8/8
形式: コミック
2006年第十回手塚治虫文化賞[新生賞]受賞作品と言う事で
チェックはしていましたが、なんとなくスルーしていました。

甲子園が開幕した事もあり試しに1巻。
これは面白い!
続巻を大人買いし、急ピッチで15巻まで読破。

この15巻は負け試合のその後の風景が描かれています。
球児同士、親子、監督の指導方針、練習風景、応援団や見守る者、ライバル等々、
高校野球を通して様々な角度から日常が表現されているのが今までになく新鮮で良い!

丁寧に人物像が描かれており、漫画の中で生き生きと生きる少年達を応援したくてたまりません。

負けた時こそ飛躍の時。
16巻が楽しみでならない。

安倍君のお見舞い帰りの田島君と三橋君のその後が表紙裏に描かれていますね。
コミック巻末のオマケもあるので、アニメしか知らない方にもお勧めです。

非凡な才能を持った天才球児田島君と、
努力の天才?!三橋君の凸凹コンビは微笑ましくて癒されます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック