Amazon Kindleでは、 おおきく振りかぶって(11) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 576
通常配送無料 詳細
4点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
おおき&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

おおきく振りかぶって(11) (アフタヌーンKC) コミック – 2008/10/23


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 576
¥ 576 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

おおきく振りかぶって(11) (アフタヌーンKC) + おおきく振りかぶって(12) (アフタヌーンKC) + おおきく振りかぶって(13) (アフタヌーンKC)
合計価格: ¥ 1,728

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

内容説明

面白さ絶対保証! 大人気本格高校野球漫画、待望の最新刊! 監督は女性、選
手は全員1年生。県立西浦高校の新設野球部に集まった10人の選手たちは、弱気
で卑屈な投手・三橋を中軸に、一丸となって甲子園優勝を目指す!! 試合や練
習を通じて成長していく選手たちのまばゆい姿。最新のスポーツ科学を下敷きに
描く、全く新しい野球の面白さ。丹念に描かれる青春の情動。そのどれもが日本
中から熱烈な支持を集める、今いちばん面白い青春スポーツ漫画!!


今までの全ての試合を完投しても、強打者ようする3回戦の相手をコールドで下して も三橋の卑屈さは変わらない。こいつに自信を持たせるには勝つしかない! 桐青戦 で負傷した田島も4番・一塁に復活し、万全となった西浦は埼玉県予選4回戦に挑 む! ダークホースだった西浦もにわかに注目を集めるが、その活躍を冷静に分析す るチームがあった。それは4回戦に勝利すれば5回戦で出会う美丞大狭山高校。

著者について

ひぐち アサ
1970年生まれ。埼玉県さいたま市出身。法政大学文学部を卒業。1998年、ひぐちアーサー名義でアフタヌーン四季賞を受賞し、デビュー。現在、「アフタヌーン」にて『おおきく振りかぶって』を連載中。同作品で2006年第10回手塚治虫文化賞・新生賞、2007年第31回講談社漫画賞・一般部門を受賞。

登録情報

  • コミック: 208ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/10/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063145255
  • ISBN-13: 978-4063145250
  • 発売日: 2008/10/23
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (18件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

29 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 izou 投稿日 2008/11/9
形式: コミック
入部から4ヶ月。とうとうバッテリー最大の試練が訪れそうです。
三橋の努力を認め、三橋に尽くすと誓いながらも、「才能の上に寝ないで努力している野球バカ」相手に三橋一人で越えていかなければならない事に不安を感じ始める阿部。
投手として全く自信が持てないまま、阿部に依存し、阿部の「3年間絶対怪我をしない」という言葉にすがりつく三橋。
阿部ほど利口な選手が「絶対怪我をしない」と言い切ってしまうことが本当はおかしいのです。2人の少年の間にぽっかりと開いたブラックホールが徐々にストーリーに浮かび上がってきました。
2人の奇妙な関係に田島が違和感を表し、阿部父も息子にそれを指摘します。

そして三橋の投球を完全に掌握している阿部の配球がとうとう相手チーム美丞大狭山に丸裸にされてしまいます。
挑戦者としての彼らの活躍に、今回は暗雲がたちこめる展開になりそうでドキドキ・・・

いまだに悔しさを拭いきれない桐青の河合が客席スタンドに現れます。
あらゆる角度からこの試合をみつめる視線が、ストーリーを動かしていくのでしょう。
そのあたり楽しみです。
オマケ漫画は三橋の幼児期、かわいいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
69 人中、62人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ChatNoir 投稿日 2008/10/25
形式: コミック
前巻は明確なテーマがあったので楽しく読めたが、11巻は重く感じたなあ。

原因は、阿部君と三橋君の「信頼と依存」。

「オレが3年間全部キャッチャーやる!」「うん!」という会話。
以前出てきた時はすがすがしく感じたが、今回の会話は全く違った意味合いでこちらにのしかかって来た。
三橋君は阿部君に頼りすぎるあまり自分を失いかけているし、阿部君は三橋君を気に掛けるあまり周囲にウッゼーと感じさせるほどの干渉ぶり。阿部君は信頼だと疑わないが、実は依存に傾いている三橋君。その2人のちぐはぐした背景を知り、引っ掛かりを感じてしまった。

ひぐち先生うまい。同じ会話なのに全然違う。
三橋君もチームの野球ができるようになり、バッテリーもつながってきたと思っていたけれど、まだまだ成長の伸び代がある(笑)。2人が本当の信頼関係を築くまでが、とても楽しみになった。

(阿部君の姿勢は、基本的に悪くないと思う。榛名さんを野球に戻し、三橋君を立ち上がらせることができている。ただ、これからの三橋君のためには、少し違う面が必要なんだなあ。)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
41 人中、36人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 読書三到 VINE メンバー 投稿日 2008/10/25
形式: コミック
前巻もそうでしたが、相手が格下であっても試合中の心理描写や戦略などを
一切妥協せず作り込まれているのには毎度毎度感心します。
このクオリティを月産50ページ以上でやっているというのだから尚凄い。

そして今巻では阿部と三橋の信頼関係を逆手に取った先方を使う敵チームと、
また今までとは違った切り口の試合をしてくれそうで実に楽しみです。

ただ不満があるとすればあまりにも遅い刊行ペースです。
月刊誌ですので半年待つのは別に苦ではないんですが、
この作品は雑誌掲載時のページ数がかなり多いので3〜4ヶ月で一冊分たまるんですよね。
それに加えて11巻掲載分は去年の4月分まで。
単純計算で1年半分のストック(4冊相当)があるんですよ。
いくらアフタヌーン読者を増やしたいからってこれは露骨すぎますよね……。

アニメ2期開始後に同時発売するとかそんな感じなんでしょうか?
何にせよ早めの刊行を期待しています、講談社さん。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 東の風 VINE メンバー 投稿日 2008/11/2
形式: コミック
 相手打者の得意なコース、狙い球などを鋭く読んで、配球を組み立てていく捕手・阿部隆也(あべ たかや)。絶対の信頼を阿部に寄せ、彼のサインに首を振らずに投げる投手・三橋廉(みはし れん)。西浦高校バッテリーのこの特徴を逆手にとり、そこを突いて攻めてくる美丞大狭山(びじょうだいさやま)高校。埼玉大会、夏の甲子園を目指す一年生チームの西浦高校にとって、2回戦の桐青(とうせい)戦以来の難敵ですね>美丞大狭山

 てことで、大きな山場と言っていいだろう西浦 vs. 美丞大狭山の5回戦が始まりました。初回からいきなり相手のペースにハマって苦戦の西浦。これはかなりヤバいのでは・・・。大丈夫か?!>西浦
 強敵の美丞大狭山相手に、モモカンこと百枝(ももえ)監督(23歳!)と西浦ナインがどう対していくのか、試合の行方が楽しみです。

 メインの漫画も面白いけど、おまけの漫画も面白かったな。カバーをとると読める表・裏2頁のボーナス漫画。今回は、西浦高校応援団長・浜田良郎(はまだ よしろう)が子どもだった頃の思い出を振り返る「ハマちゃんの思い出」。ハマちゃんの隣に住んでた三橋廉(当時、1〜4歳)ファミリーのクリスマス・エピソード。コミカルで、くすりとしちゃいました。だから、『赤鼻のトナカイ』なのね(曲、違ってたらゴメン)>ハマちゃんの着信♪
 それと、三橋の母ちゃんの仕事つうか肩書きが「埼玉大学教育学部准教授」だったっての、なんかスゴくね?!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック