中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ヴィータ
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 全体的に日焼け有。レンタル落ち商品のため若干の日焼けやページの折れ、管理シールなどが貼付されている場合もございます。レンタル用ケース入りの場合有。商品はゆうメールでの発送になります。発送前にこちらからご連絡させていただく場合がございますので、ご了承下さい。5000円以上のご購入で佐川宅配便で発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

うる星やつら 34 (少年サンデーコミックス) 単行本 – 1987/3

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。




登録情報

  • 単行本
  • 出版社: 小学館 (1987/03)
  • ISBN-10: 4091215041
  • ISBN-13: 978-4091215048
  • 発売日: 1987/03
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 283,093位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
黒いブタの馬車に乗って、突然現れた黒衣の男、ルパ。
彼はラムちゃんをさらって、「闇の国」へ連れて行く。
ルパは、ラムちゃんの許婚だというのだ。
ルパがまいたキノコが巨大化して、地球は真っ暗になる。
キノコを取り去ることができるのは、ルパの黒ブタだけである。
けれど、ルパには、幼い頃からの婚約者カルラがいた。
ルパに「約束破り!」とせまる、カルラ。
ルパは、本当はあたるのことが好きだというラムちゃんの気持ちを見抜く。
ルパの出した条件は、あたるとラムちゃんが鬼ごっこをして、10日間以内に、
あたるがラムちゃんの角をつかんだら、地球に黒ブタを貸すというものだった。
鬼のラムちゃんは、あたるに言う。「ダーリンが、うちのこと一言好きだと
言ってくれたら、つかまるっちゃ。」
意地になって、「好きだ」とは言わずに、ラムちゃんを捕まえようとするあたる。
9年に及ぶあたるとラムちゃんの最後の鬼ごっこが始まる。
あたるは、本心を言うのだろうか?
感動、さわやかなラストです。
コメント 9人中7人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本 Amazonで購入
うる星やつらの最終巻です。この一巻が丸ごと一つの章になっています。1980年代という、中々年期の入ったものですが、自身としては最近読みました。最終巻なので、各キャラクターの設定を理解しているくらいにはそれまでの巻を読んでいないとわからないと思いますが、中々良い巻だと思います。
コメント 4人中2人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
形式: 単行本
なんだかな〜.今の今までこんなにKAWAIIくてオモろかったのに,突然,話が飛躍して仰々しい展開で,そこで主人公の本心を「口に出させよう」とする.これって「らんま1/2」のラストでも同じpattern.最終話は展開に重きをおくあまりにギャグがカビくさい.最後の最後でおろそかになっちゃダメだよね★ このオワリ方ってさぁ,惜しい男の「ビューティフルドリーマ」に対するアテツケじゃね〜の??笑ってよくいわれますよね.確かにそうかも.追っていったら,今度は追っかけられ,最後はまた追っかける.そしてまた・・の日常は永遠に.オシイ君が嫌いなのはわかったから、そんなアテツケは抑えて、コアなファンを満足させるためのラストを真剣に考えるべきだったね.
コメント 14人中0人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告


フィードバック