通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
うる星やつら (17) (小学館文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 kamesan24
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: * 本書のコンディションは、アマゾンの【ガイドライン】を参考にしてます。 中古品特有の若干の焼け・スレ等ありましたらご容赦下さい。品物によりアマゾンイメージとカバーデザインが異なる物、本文やカバーに多少の折れ目がある場合もありますのでご了承下さい。当日〜翌日発送を目安に迅速に対応致します。(但し土日祝は休業日なので質問回答や発送作業が出来ません)【領収書が必要な場合は必ず注文と同時にお知らせ下さい。領収書の日付は発送日になります。尚、領収書と商品の別送は受け付けておりませんので宜しくお願い致します】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

うる星やつら (17) (小学館文庫) 文庫 – 1999/12

5つ星のうち 5 2件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 627
¥ 627 ¥ 150


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • うる星やつら (17) (小学館文庫)
  • +
  • うる星やつら (16) (小学館文庫)
  • +
  • うる星やつら (18) (小学館文庫)
総額: ¥1,881
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



商品の説明

出版社からのコメント

世にもまれな凶相の持ち主諸星(もろぼし)あたると宇宙人ラムちゃんのラブコンビがくりひろげる奇想天外ハチャメチャ爆笑ギャグ!!


登録情報

  • 文庫: 336ページ
  • 出版社: 小学館 (1999/12)
  • ISBN-10: 4091931979
  • ISBN-13: 978-4091931979
  • 発売日: 1999/12
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 364,102位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 cus 投稿日 2006/3/7
形式: 文庫
この巻でおすすめなのは因幡くんシリーズと「渚のフィアンセ」です。前者は時間を操る因幡くんと一緒にラム・あたる・しのぶが自分達の未来を見に行く話、後者は竜之介にフィアンセが現れるという話。どちらも単体で映画一本作れそうなくらい中身が濃いです。この2話と「怒れシャーベット」は後にOVA化されました。
コメント 1人中1人のお客様がこれが役に立ったと考えています。. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/3/5
形式: 文庫
シチュテーション・ギャグはアイデア勝負のところがありますね。
この巻では「扉を開けて」が面白かったです。
運命製造管理局の因幡(の白兎のことでしょう)くんが運命の鍵を落としてしまいました。
その鍵は未来に通じるドアの鍵だったのです。
ドアの先には、大人になったしのぶと息子の買い物帰りの姿が。
さらに、その先にはラムの姿も。
未来の姿を見たラムは怒ってしまいますが、未来には別の選択肢もあることを発見します。
次々と未来を見て歩きますが、なかなか思うような未来がでてきません。

未来は見てみたいような見たくないような思いを常に起こさせます。
連載が長く続くとアイデアに苦しむことが多くなるようですが、いつも新鮮な感じがしています。
キャラが生き生きと描かれているのも新鮮さが保たれている要因ではないかと思っています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
不正使用の報告


フィードバック