Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
うる星やつら (1) (小学館文庫)
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

うる星やつら (1) (小学館文庫) [文庫]

高橋 留美子
5つ星のうち 4.9  レビューをすべて見る (13件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 627 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

うる星やつら (1) (小学館文庫) + うる星やつら (2) (小学館文庫) + うる星やつら (3) (小学館文庫)
合計価格: ¥ 1,881

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

▼第1話/かけめぐる青春▼第2話/やさしい悪魔▼第3話/悲しき雨音▼第4話/あなたにあげる▼第5話/絶体絶命▼第6話/愛で殺したい▼第7話/お雪▼第8話/酒と泪と男と女▼第9話/憎みきれないろくでなし▼第10話/いい日旅立ち▼第11話/大勝負▼第12話/性▼第13話/系図▼第14話/あやつり人形▼第15話/いまだ浮上せず▼第16話/幸せの黄色いリボン▼第17話/ディスコ・インフェルノ▼第18話/さよならを言う気もない▼第19話/女になって出直せよ

<ご注意>希少本ですので、「在庫あり」でご注文できる場合、装丁等汚れていることがありますことをご了承ください。在庫がかなり少ないため、交換等も難しくなります。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

出版社からのコメント

世にもまれな凶相の持ち主諸星(もろぼし)あたると宇宙人ラムちゃんのラブコンビがくりひろげる奇想天外ハチャメチャ爆笑ギャグ!!

登録情報

  • 文庫: 331ページ
  • 出版社: 小学館 (1998/08)
  • ISBN-10: 4091931812
  • ISBN-13: 978-4091931818
  • 発売日: 1998/08
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9  レビューをすべて見る (13件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 206,199位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告



カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
41 人中、38人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 最高の漫画 2006/11/23
投稿者 レイラ
形式:文庫
これほどまで爽やかな少年漫画はこの漫画が登場するまでなかった。ラブコメにも関わらず悩まない男の子と泣かない女の子。そして下ネタ抜きのクールでシュールな笑い。登場する女の子はカワイイけど一癖アリ、男の子は男前度ゼロの情けない奴ら…脇キャラの性格設定まで完璧。一話完結で読む者を飽きさせず、四季折々のテーマで楽しませる。不良ではないけど真面目じゃない高校生。やけにスキーだ温泉だ海だ山だと遊んでます。みんなオシャレだし。正に80年代トレンディー漫画…と思いきややってるコトは小学生なみの主人公。重く熱い70年代の少年達は消え去った。楽しければいーじゃん♪の主人公達に癒される。「Dr.スランプ」と並ぶ明るさと軽さが80年代の平和さを感じさせ心が元気になる娯楽漫画だ。
このレビューは参考になりましたか?
21 人中、18人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 擬音語、擬声語が面白い。 2006/4/13
投稿者 ぽてち子
形式:文庫
小学3年生の頃、この漫画を10巻まとめて大人買い(父がしてくれたの。)しました。
(父の入院に付き添ったごほうびに♪)
ちゅどーん! とか、 ぶぎゅる とか、擬音語、擬声語がとにかく面白いです。
女性が原作者であるにも関わらず、この少年漫画的なノリは
珍しくって楽しくって。
それはもうページが裂けて剥がれるくらい読みまくりました。
このレビューは参考になりましたか?
28 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 歴史的名作 2006/6/10
投稿者 するめいか
形式:文庫
 ほとんどドタバタコメディだけど、それをまったく飽きさせずに34巻も続けるというこの業は、もはや天才の技術だと思う。安心して読めるし、この人の作品は普遍的な面白さを持っていると思う。

 今見ても全然古びていない、超名作マンガ。
このレビューは参考になりましたか?
11 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 懐かしい、名作 2003/8/10
投稿者 SS
形式:文庫
中学から大学にかけてのころ連載されていた懐かしいコミックが文庫で出ていることに気付き、一通りそろえて読み返しました。もう20年も前の話とは思えないほど、現在でもその魅力を維持していることには感嘆を禁じえません。次々と現れる極端なキャラクターたちが巻き起こす1話完結タイプのどたばたコメディは、高校を舞台にしていることもありなぜか自分の学生時代の日々を思い出しました。
文庫版の1巻は15話収録。最初期の不安定な展開には抱いていたイメージと違い、若干違和感を覚えましたが、全巻を読み返してみるともっともエネルギッシュな印象を受けました。Part 6および9のレイの登場する回は出色の出来。この文庫版の巻だけ、寄稿エッセイ(あだち充)がついています。
このレビューは参考になりましたか?
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 一番好きな少年漫画 2007/11/10
投稿者 ひろまる
形式:文庫
私が漫画を好きになったきっかけの漫画です。私は、この作品に出会うまで、漫画はあまり好きではありませんでしたが、この作品をきっかけに、漫画をたくさん読むようになりました。この作品の好きな理由は、なんといっても変なキャラクター達が巻き起こす、宇宙規模でおこる奇想天外なドタバタギャグに、笑わずにはいられないからです。私が一番好きなキャラクターは、ラムちゃんで、理由はダーリン(主人公の諸星あたる)が、いつも浮気ばかりしているのに、別れようとしない(電撃をくらわしますが)一途なところが、とても魅力的だからです。その他のキャラクターも、すごく魅力的なキャラクターばかりです。今、このレビューを見ているあなた、絶対におススメです。
このレビューは参考になりましたか?
11 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 高橋 留美子先生ありがとー 2002/7/15
投稿者 yuuki-5232
形式:文庫
文庫本第1巻です。ものすごく運の悪い諸星あたると宇宙人のラムちゃんとの爆笑コメディー。さらにこの第1巻はあのあだち充先生のコラムがついているのでなかなかお買い得ではないでしょうか?
このレビューは参考になりましたか?
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 サンデー史上ナンバーワンです! 2012/6/20
投稿者 マイヤ
形式:文庫
ていうか、女性漫画作家ナンバーワンかも(;_;)
なんでこんなに面白いんだろう?

小学校のとき、教育委員会から見てはダメとダメ出しくらった漫画。昔から教育委員会というのは下らないこと言うんだ(;^_^A

見て学んでおけばいいじゃない。男と女のハチャメチャをさ。
でも、案外ラストは純愛に落ち着くのだよ、この漫画も。

私はオユキさんが結構好きですね。まさに氷の女王。食えない女だ(;^_^A

蘭ちゃんはある意味被害者じゃないですか。ラムちゃん、可愛いいんだけど、そういう天然は罪だから。

初期のドギツサ、若干のホラー感も、絵が丸みを帯びるとともになくなり、優しくなるのは、ご本人の考え方が変わったからですかね?

でも、基本的に根底にある冷たい目は変わらないなぁ。
蛇に睨まれたカエルのような気持ちになるのは、私だけかしら(;^_^A
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 4.0 ちゅどーん(爆)
ギャルとメカ物の原点の漫画の原作者が女性の方なのですね。この漫画の形は現代のアニメにも引き継がれてる様です♪今、読むと男は昔程こんなにギャルに卑屈では無いですね(... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: 良いお客さん
5つ星のうち 5.0 原型
久しぶりに読み直しましたが面白いドタバタ漫画ですね。(絵は最近の漫画家に比べると少々下手かも)... 続きを読む
投稿日: 2012/4/11 投稿者: 山吹みどり
5つ星のうち 5.0 女性は、ホントに鋭いです。
「少年サンデー」で初めてであったときは、もうびっくりしました。
女の人が描く、男とは異なる視点の漫画の面白さにすぐに嵌ってしまいました。... 続きを読む
投稿日: 2010/12/16 投稿者: 街道を行く
5つ星のうち 5.0 懐かしの名作《SFマンガ》。
中学・高校の頃、好きで全巻そろえたのが、この名作『うる星やつら』です。この作品の最大の魅力は、宇宙から来た鬼娘《ラム》の存在であることは、間違いありません。この《... 続きを読む
投稿日: 2009/11/29 投稿者: 新谷広規
5つ星のうち 5.0 うる星やつら
うる星やつらの1巻。後期とは絵もキャラの性格も作風も全く違っていて驚く人も多いと思います。後期に見られるようなラブコメ的要素は全く無くひたすらドタバタコメディに徹... 続きを読む
投稿日: 2006/3/11 投稿者: cus
5つ星のうち 5.0 一緒に住むようになった理由知ってます?
意外と知ってるけど詳しくは知らないって人多くないですか?
なんでラムちゃんがあたるの家で一緒に住むようになった理由知ってます?
投稿日: 2005/10/23 投稿者: trini
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック