Amazon Kindleでは、 うつから帰って参りました 文春文庫 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

うつから帰って参りました。 単行本(ソフトカバー) – 2007/9/27


3個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637 ¥ 1
単行本(ソフトカバー), 2007/9/27
¥ 1

この商品には新版があります:



キャンペーンおよび追加情報




商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「彼女が水着にきがえたら」「病院へ行こう」等の脚本で有名な著者は律儀なるが故に精神的に追いつめられて薬物中毒になる。が、様々な奇行の果てに辿りついた精神科医に「うつ病」と診断されたことで心が軽くなり、周囲に温かく見守られていく中で…。発症から克服までを軽妙なタッチで描く、笑いと感涙のうつ病体験記。 --このテキストは、 文庫 版に関連付けられています。

著者について

一色伸幸(いっしき・のぶゆき)
脚本家。1960年、東京都生まれ。
青山学院大学中退後、1982年に「火曜サスペンス劇場・松本清張の脊梁」(松本清張原作/古田求共作)で脚本家デビュー。映画、ドラマ、アニメ、舞台、ゲームなど数々の人気脚本、まんが原作を手がける。映画「病院へ行こう」「僕らはみんな生きている」で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞。
主な作品に、映画「私をスキーに連れてって」「彼女が水着にきがえたら」「山田村ワルツ」「木村家の人びと」「ほんの5g」「病院へ行こう」「病は気から 病院へ行こう2」「波の数だけ抱きしめて」「七人のおたく」「僕らはみんな生きている」(まんが原作含む)「ショムニ」「お受験」、ドラマ「ハーフポテトな俺たち」「彼女が死んじゃった。」(まんが原作含む)、アニメ「ミームいろいろ夢の旅」「宇宙船サジタリウス」、舞台「紙のドレスを燃やす夜~香港大夜総会~」など。
著者のそのときどきの心が作品のテーマやキャラクターに投影されていることが多い。
うつ病を患った著者は消えてなくなりたいと願い、七転八倒の逃避をするが、やがて家族の力を得て病気と向き合い、切なくもおかしい闘病生活を経て回復。本書は、自分自身を主人公にして書いた初めてのエッセイである。
すっかり元気になった現在は、数々の南の島でのダイビングに熱中し、ライターとダイバーの間を行き来している。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 267ページ
  • 出版社: アスコム (2007/9/27)
  • ISBN-10: 477620469X
  • ISBN-13: 978-4776204695
  • 発売日: 2007/9/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 11.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0  レビューをすべて見る (10件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 817,027位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本の別エディションの内容をブラウズ・検索
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0

最も参考になったカスタマーレビュー

30 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 辰己 トップ500レビュアー 投稿日 2007/12/22
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「うつから帰って参りました」というタイトルで、最初私は、
おちゃらけた感じがしてしまい、買うのをためらってしまった。
著者も「有名人」であり、回復後はスキューバダイビングで世界を……
というのも、一般ピープルのうつ患者には、「いいよねえ」という感じだ。

しかし……!

まあ読んでみるかと思って読むと、これがなんとまあ、読みやすく、
きちんと自分の症例も盛り込まれて対処法も書かれ、
うつを長年抱えている私にとっては、大いに参考になった。
たしかにおちゃらけた部分もあるが、それが逆に「読みやすさ」につながっている。
さすが「私をスキーに連れてって」などのシナリオライターだけのことはある。

著者の場合、最初はうつと自覚せずに睡眠薬などに依存していくのだが、
私は「軽症うつ」と診断され、何年も薬を飲むうちに
薬量はものすごく増えてしまった。
最初は1錠で効いた睡眠薬も、今では飲んでも少しも効かない。
かといって増やすと翌日は「どべーー」となってしまう。

こういう人は決して少なくないと思うのだ。
薬でうつは治らない、という趣旨の本もあるが私はそうは思わない。
しかし、薬だけに頼っ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
21 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 いんてきふこ 投稿日 2007/12/8
形式: 単行本(ソフトカバー)
シナリオの締め切りを守らなければならない、いい作品を書かなければならないというプレッシャーから、最初は市販の頭痛薬などを大量に飲むことで、ラリッた状態になり、だんだん市販の薬では聞かなくなり、病院からもっと強い処方薬をもらいだして、病院でもらえなくなると東南アジアに旅行して不法に購入したり…という流れで、ヤク中になってしまう。

で、その薬物中毒の原因が「うつ」だという事で病院の先生に診断されて、また別の抗うつ剤や安定剤を飲み始める。

新聞の広告と雑誌の書評を見て購入したのだが、読み始めて最初の方は何か広告と全然違うなぁ…という感じだった。「爆笑と感涙のうつ病体験記」というコピーも、どこが爆笑なのか今でも良くわからない。しかしさすがに脚本家だけあって、半分以降はぐいぐいひきつけられた。

よくうつ病の人に「がんばって」は禁句だと言われる。私のように病気の経験がない人は、そういわれて、何となく理解しても、「そうは言っても、がんばるしかないじゃん」と心で思ってしまいがちだと思うのだが、この作者の言葉で、もう絶対に「がんばれ」とか言おうとか思うのはやめようと感じた部分があった。

「息をして、食事を取り、トイレに行き、なかなか寝付けない夜をじりじり過ごすだけで、もう相当戦っているのだ。呆けて寝ているように見
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
25 人中、20人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 pesce 投稿日 2007/10/30
形式: 単行本(ソフトカバー)
一色さん自身に面識はない、ただ周囲の環境が近いので共通の
知人は少なからずいて、業界のタフさやそれに付随する精神疾患の多さは身を持ってわかる。
開いてみよう、その要所要所には所謂、うつにまつわるリアルな描写も含まれるし
才能ある友人・知人を亡くしたことなど、渦中の人間には禁忌な事柄も描かれている。
けれど私はこの夏に入院を果たしまだ病院にいる親しい友人にこの本を渡した。
何度も内容を話し確認して、一色さんの本なら。と、彼が言うのを確認してからだ。
しばらく本を読めない症状を見せていた彼は現在、読みつつあるという。
友人は一色さんと直接面識がある人間だけれども、しかし一色さんの現在までの活動には
同世代でエンタテインメントに興味を持って生きてきた人間なら、
何かしら触れたことがあるはずだ。
私自身、冒頭に出てくる『彼女が水着に着替えたら』含むホイチョイ作品や
引用される脚本のセリフにシーンが浮かんでくる箇所が数え切れなくある。

はっきりいっておちゃらけ過ぎているように取れる箇所もあるかもしれない、
けれどそれがこの世代の必死の抵抗だということと、病を病として認識して
鉄の意志で闘病する、のではなく「逃げる」ふと危なっかしい場所も見せつ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 抹茶 投稿日 2007/11/25
形式: 単行本(ソフトカバー)
元来の躁鬱気質で軽躁期に(筆者は認めていないが)精力的に大量の創作活動をこなしやがて電池切れという形で鬱という深い深い海の底に沈みこんでしまった筆者。
物書きに向いた元々躁鬱気質の人間が、創作活動の中で文字通り心身を削っていくうちに一層その躁鬱気質を重篤にしていくサイクルこそが物書きという職業の宿命であろうか。

『ぼくらはみんな生きている』、『病院へ行こう2』など、中学生時代に見てもかなり強い印象を受けた作品だが、バブルの残り香すら感じ取れるこれらポップな作品群の創作にのめり込んでいくことが(作中では特に『病院〜』が筆者に与えた決定的な影響について大きくページが割かれている)筆者を追い詰めていったとの記述はショッキングであり、また圧倒的なリアリティのあるものであった。

鬱病に対する世間の認知が進むにつれ、この手は体験記は結構出ているのだが、創作活動と病理との連関が赤裸々に詳細に綴られた本書の記述は、数多の体験記が束になっても適わない力を持っている。筆者にとってこの本を書き上げることは心身を削る作業であったのか、それとも内観療法的な癒しを得る作業であったのか、それは分からない。しかし、「物を書く」ということについて実に様々なことを学ぶことのできる一冊でもある。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック