Amazon Kindleでは、 ゴー宣スペシャル いわゆるA級戦犯 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら

Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL
 
イメージを拡大
 
1分以内にKindleで ゴー宣スペシャル いわゆるA級戦犯 をお読みいただけます。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL [単行本]

小林 よしのり
5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (168件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,512 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

フォーマット

Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版 ¥ 1,120  
単行本 ¥ 1,512  

Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL + 新ゴーマニズム宣言SPECIAL靖國論 + 新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論
合計価格: ¥ 4,428

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

2010年第10刷。カバー、帯、ページとも ヤケ、ヨレ、汚れなし。美本です。発送は防水のうえ迅速に致します。

登録情報

  • 単行本: 233ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2006/06)
  • ISBN-10: 4344011910
  • ISBN-13: 978-4344011915
  • 発売日: 2006/06
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (168件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 33,756位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
192 人中、180人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 A級って何? 2006/8/7
投稿者 三太
形式:単行本
某TV番組にて、来場していた中国の方たちに、

「なぜ靖国参拝してはいけないのか?」と質問。

「A級戦犯が祀られているからですか?」という問いに、

ほとんどの方が挙手していた。続けて、

「A級とBC級の違いがわかりますか?」と問うと、

誰も挙手できなかった。

私は、この一連の流れを笑えなかった。

中国の方だけならまだ分かる。今の日本人の一体、何パーセントが

「A級とBC級の違い」について答えられるというのか。

そもそも、A級とは?BC級とは?

何も知らないことは罪ではないと思う。教えられなかったんだから。

その事に気づき、今、知りましょう。
このレビューは参考になりましたか?
154 人中、144人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 malone トップ1000レビュアー VINE メンバー
形式:単行本
これは・・・、昭和初期の日本史をちゃんと勉強した人にとっては当たり前のことかもしれませんが、とてもわかりやすく「いわゆるA級戦犯」と呼ばれた人たちのことを紹介し、当時の国際法で戦争犯罪人として裁かれるべき日本の政治家や軍人は誰一人いない!ということを書いています。
多くの人が入門書として薦めていますが、ぜひ読んでもらいたい一冊だと思います。
参考文献もたくさん紹介され、より正確な事実を調べてみたい方はそれらを参照するのが良いと思います。

主張の要点や主要トピックと感想を書いてみました。

1.東京裁判はマッカーサーが定めたチャーター、いわゆる事後法で戦争犯罪を勝手に規定したものに基づいて開催された。
事後法で裁くことなどできない。つまり、戦勝国によるリンチのようなものである。

2.人道的・道義的な問題はあるにせよ、戦争そのものは犯罪とされていない。それを犯罪とする法が存在しないから。ただし、WW'Tの反省から、「戦時国際法」で「交戦法規」が定められた。そこでは、戦闘に無関係な民間人の殺戮、不必要な苦痛を与える残虐兵器の使用、軍事目標以外の攻撃などを禁じている。これに基づけば、戦勝国のアメリカによる原爆投下はあきらかに「交戦法規」に違反していることが明確だといえるが、実際に裁かれたのは敗戦国
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
76 人中、67人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 なかなかうまくまとめられた本です 2007/8/18
投稿者 京都堀川姉小路『万物創造房』 VINE メンバー
形式:単行本
NHKでA級戦犯のドキュメンタリーをやっていたので
それを見つつ
もうちょっと知ろうと思いこの本も買ってみました

読んで見て
なかなかよく調べてあって、よく整理してある本だと思いました
NHKのドキュメンタリーよりかなり深く広い内容で
情報量も多く知りたかったことがかなり補完された感じです

大きく取り上げられている人物は
処刑された東条英機と広田弘毅の二人だけなのですが
その他
処刑された5人
獄死した7人
名誉を回復して釈放された14人
についてもみんな別個に
それぞれの経歴や人物像がよくわかるように整理して書かれています

とりあえずA級戦犯を批判するにしても擁護するにしても
どんな人物で何をしたかを知る必要があると思います
それも知らず何だかんだ言う人間はただの何も知ろうとしない無知なバカか工作員かのどちらかです

ちなみに
A級戦犯の処刑理由は「世界征服の共同謀議の罪」なのですが
日本は立憲君主制民主主義国家でしたから指導者は選挙や暗殺でころころ代わり
ドイツのヒトラーのように
侵略開始から一貫して指導者の立場にい
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
78 人中、69人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 全ての日本人が読むべきだ 2006/8/7
投稿者 青xo
形式:単行本
タイトルの「いわゆる」の意味がひしひしと伝わってきて、小林氏のバランス感覚に思わず脱帽である。一気に読了したら熱いものがこみ上げてきた。全ての日本人が読むべき良書であると思います。
このレビューは参考になりましたか?
67 人中、59人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
投稿者 紫陽花
形式:単行本|Amazonで購入
題名通り、小林氏が「A級戦犯」に対する考察を述べたもの。内に秘める情熱を抑えながら、あくまで史実に基づいた客観的な記述に徹した点が評価できる。

実は私も恥ずかしながら「A級戦犯って誰?」と聞かれると正確に答えられない一人だった。これでは、「靖国問題」をまともに語れる筈もない。本書はこれに応えるように以下の点を明らかにしている。

(1) 「A級戦犯」の定義は ?
(2) 誰が「A級戦犯」に選ばれたのか ?
(3) 「A級戦犯」はどのようにして決められたのか ?
(4) 「A級戦犯」に選ばれた人の"人となり(実像)"はどうだったのか ?

 そして、東京裁判の虚妄を暴き、戦勝国が敗戦国を裁く事の無意味さを訴える。当然、「A級戦犯」なる概念も無意味である。小林氏の情熱は高く評価されて良いが、それに引き換えマスコミを初めとする言論界がこうした分かり易くかつ毅然とした主張を展開して来なかったのは怠慢と言って良い。朝日新聞などは自ら「靖国問題」を仕掛けた確信犯なのだが。「A級戦犯」、「靖国問題」、「東京裁判」について鋭いメスを入れた良書。
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 1.0 まるっきり信用するのは大間違い
判決を覆そうとするよりも、素直に認め、反省の意を示すことの方が、今の時代に求められてることなんじゃないかなぁ?... 続きを読む
投稿日: 16日前 投稿者: アマゾン次郎
5つ星のうち 5.0 左派勢力の嘘を論破できます
漫画ですので 一気に読めます。
気になったかたは 関連参照文献を読みましょう!
投稿日: 24日前 投稿者: 暇太郎
5つ星のうち 1.0 そりゃ死刑になるよ他國を侵略し他国民を虐殺したのだから
大日本帝国は西洋諸国の植民地政策をも模範し
亞洲で実行しました。... 続きを読む
投稿日: 4か月前 投稿者: 忍者☆
5つ星のうち 5.0 全ての
戦争の深さを感じました。
勝者 敗者が ある全ての行動に 何かしら
あてはまるのではないか。
投稿日: 6か月前 投稿者: 石田繁樹
5つ星のうち 4.0 勉強になる
A級戦犯に関する日本側の主張がわかりやすくまとめられていると思う。... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: Amazon Customer
5つ星のうち 5.0 この本で、初めて「A級戦犯」という言葉の正しい意味を知った
洗脳からの脱却は、自分が洗脳されているという自覚を持つこと。... 続きを読む
投稿日: 7か月前 投稿者: 寝起き
5つ星のうち 1.0 当時の戦争指導者が責めを負うのは当たり前のこと
あの戦争を指導した者が責任を問われるのは当たり前のことです。数えきれないほどの国民を苦しめ、日本を敗戦に導いた建国以来の愚か者たち。東京裁判が戦勝国による非合法的... 続きを読む
投稿日: 10か月前 投稿者: ニック
5つ星のうち 5.0 「A級戦犯」、その基となる「東京裁判」とは
太平洋戦争が終わり、実際に戦争を経験している人々が次々に亡くなって、伝聞でしか知らない世代がほとんどになると、マスコミのような、声の大きな勢力が影響力を増して、あ... 続きを読む
投稿日: 13か月前 投稿者: sirou55
5つ星のうち 5.0 日本人として知る必要がある。
なぜA級戦犯なのか、また、彼らの内に切り込んだ非常に心打たれる内容。
日本人として、知る必要のある内容であると感じた。
投稿日: 14か月前 投稿者: kashihawk
5つ星のうち 5.0 『A級戦犯』
東京裁判における、いわゆる『A級戦犯』の話だが、非常に興味深い。これを読めば東京裁判の意義・内容がわかる。
投稿日: 14か月前 投稿者: みうみう
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック