Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
いやいやえん―童話 (福音館創作童話シリーズ)
 
イメージを拡大
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

いやいやえん―童話 (福音館創作童話シリーズ) [単行本]

中川 李枝子 , 子どもの本研究会 , 大村 百合子
5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (51件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 1,404 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
村上春樹の新刊
『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』から1年、9年ぶりの短編小説集 『女のいない男たち』。表題作は書下ろし作品。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
新規登録で最大4000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

いやいやえん―童話 (福音館創作童話シリーズ) + エルマーのぼうけん (世界傑作童話シリーズ)
合計価格: ¥ 2,700

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

受賞歴

第1回(1963年) 野間児童文芸新人賞 受賞

商品説明

   主人公しげるが通う保育園のお話が5話収められている。短いお話も長いお話もあり、好きなものから読める。また、絵も多いため、簡単に読み進めることができる。

 「ちゅーりっぷほいくえん」は、しげるの保育園のことを簡単に紹介している、短いお話。「くじらとり」は、しげると保育園のお友だちが、くじらとりにでかけたお話。どこに行ったのかはないしょ。「ちこちゃん」は、しげるとちこちゃんが、保育園で机の上にのるお話。新しい子が保育園に来る「やまのこぐちゃん」は、ちょっどびっくり! 新しく来たやまのこぐちゃんは、ほんもののこぐま! しげるはなかよくなれるかな? 「おおかみ」は、おおかみがお昼寝しているところにしげるが来て…おおかみが、子どもを食べるのが大好きだって、知ってるよね? 「山のぼり」は、保育園のみんなで山のぼりにいって、まいごになったしげるが、とんでもないものにあっちゃうお話。『いやいやえん』は、しげるが「いやいやえん」っていうヘンな保育園につれてかれちゃうお話。

   ひらがなが多くて、漢字にはすべて「ふりがな」がふってあり、小学校低学年くらいから1人で読める、子どもたちに人気の童話。(つちだみき)


登録情報

  • 単行本: 180ページ
  • 出版社: 福音館書店 (1962/12/25)
  • ISBN-10: 4834000109
  • ISBN-13: 978-4834000108
  • 発売日: 1962/12/25
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (51件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1,369位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー
56 人中、50人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 子どもはちょっとブラックが好き 2002/9/10
形式:単行本
妊娠したと友人に報告したとき、
「産まれた子には『いやいやえん』を買って上げてね!」といわれたほど、
なにか、子ども心に強烈な印象を残す本のようで、我が娘もすぐはまりました。
読んでみると、内容は結構ブラックで、ドライな感じが、確かにおもしろい。
タイトルの『いやいやえん』はなんでもイヤイヤ言う主人公のしげるが
いつも通ってる保育園ではなくて、好きなことをしてもいいけど全然楽しくない
保育園『いやいやえん』に連れて行かれて、ひどい目にあう話。
『ちこちゃん』は、しげるが友だちの女の子・ちこちゃんの真似をして乱暴を
したら、なんでもちこちゃん真似になってしまう話。
ケンカやちょっとした遠足、原っぱに現れる狼、保育園にやってくる熊。
7本のお話になっているのですが、どれもちょっぴり怖くて冒険があります。
3~5歳の子にとっては、現実はまだまだ未知なることばかり。
この本は、保育園という日常に隠れてる、怖さをうまくすくって、
ファンタジーを加えているので、娘も自分に重ねて、ドキドキできるのかな。
などと思っているのですが……。
このレビューは参考になりましたか?
52 人中、45人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 「字の本」です。 2006/4/20
By tkcat
形式:単行本
宮崎駿さんがトトロの本のあとがきで、「いやいやえん」を読んで驚き、児童作家になるのは諦めたと書かれていたので、どんな本だろうと興味を持ち購入しました。実際に手に取ってみると、字が中心で、挿絵は白黒だったため、4歳の息子には、まだ早いかなと思ったのですが、保育園の話だったので読み聞かせて見ました。絵本でないと興味を示さないのではというのは、親の勝手な思い込みでした。「いやいやえん」は子供の心を掴んだらしく、今一番のお気に入りになって、毎晩読まされています。特に「くじらとり」がお気に入りのようです。
このレビューは参考になりましたか?
12 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 母から子へ語り継がれる本 2000/11/3
By カスタマー
形式:単行本
私が子供の頃に母が読んでくれました。幼稚園での出来事が重なってとっても楽しく聞いていたのを思い出します。今では娘に読み聞かせているのですからロングセラーです。しげるちゃんを自分におきかえて想像力がふくらみます。
このレビューは参考になりましたか?
40 人中、31人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 しげるくんと僕 2002/9/4
形式:単行本
僕も保育園に通っていました。保育園でもこの本が大人気で、母にせがんで誕生日のプレゼントに買ってもらいました。昼寝のときや夜に寝かしつけるとき母は感情をこめて読んでくれて大笑いをしたことをいつまでも覚えています。
この本がきっかけで僕は本が好きになりました。
いろいろなお話の中、当時はわからなかった内容もそうだったのかと納得しています。保育園がいやだったやんちゃなしげるくんに自分を重ねていたので読み返すたびにあのころの幼い自分がよみがえります。
また会えたね。しげるくん。次の世代を担う子供たちも頼むよ。
このレビューは参考になりましたか?
2 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 4.0 なぜか大爆笑?  2014/1/14
形式:単行本|Amazon.co.jpで購入済み
子供のころ親に買ってもらって、とても印象に残り、懐かしさから大人になった今、もう一度読んでみたいと思い購入しました。
久しぶりに読んでみると、やはり懐かしいと思う気持ち込み上げました。

しかし懐かしいと思いつつ読み進めると、今度は込み上げる笑いを抑える事が出来なくなりました。

話の冒頭に、主人公「しげる」君が、保育園で守れなかった約束が箇条書きされているのですが、それが読めば読むほど大笑い。

読み終えて本を閉じた後も、しばらく思い出し笑いが続きました。

大人の常識に縛られない保育園児の突飛な行動が、自分が同じくらい幼かったころは至極当然の行動が、大人になった今読んでみると大爆笑。

懐かしむために買った本ですが、大笑いさせてくれる本になってしまいました。
嬉しい誤算です。
このレビューは参考になりましたか?
13 人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
形式:単行本
私も子供の頃読んでいて、自分も親になってから再度読み直してみました。
子供のころは何とも奇妙で興味をそそるファンタジーなお話でしたが、大人になって読んでみるとまた別の側面をみる事が出来ました。

すごいと思ったのは「いやいやえん」のおばあさん。
一見、やりたい事だけを子供たちに適当にやらせているように見えますが、
子供達一人一人の特性を把握していて、編み物をしながら子供たちをしっかり見ております。
(その証拠としてしげるとMちゃんが喧嘩した時も、最終的には仲裁して薬をつけてあげました。)

そしてこのおばあさんは子供達に「気付き」を与えようとしているのが凄く伝わりました。
おもちゃ達を乱暴に扱うとおもちゃ達は嫌になって出て行ってしまう場面がありましたが、
「もし自分がおもちゃの気持ちだったら」っという事を考えさせようとしてました。
おばあさんは怒鳴ったり体罰を与えたり物置に入れたりするような事は一切しませんが、
凄い「やり手」なおばあさんです。

「こぐちゃん」の話は悪ガキなしげるの優しさが感じられて好きです。
「やまのぼり」も鬼の『くいしんぼ』の愉快さと親切さが好きだったりします。

本当ならば5点満点をつけたい
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
最近のカスタマーレビュー
5つ星のうち 5.0 建前だけ、きれいごとだけの話ではない名作
自分の子どもが出来てやっとこの本を知りました。
私が生まれた頃からあったのに。
教育的かと思いきやそうではない話がおもしろいです。... 続きを読む
投稿日: 1日前 投稿者: 年間百冊
5つ星のうち 5.0 一番好きな絵本
小さいころ母に買ってもらい、よく読んでいたこの本。この間ふと思い出して、(もう家にはないと思うので)改めて購入しました。今まで読んできた絵本の中で一番好きで、高校... 続きを読む
投稿日: 9日前 投稿者: NINI
5つ星のうち 5.0 とても良い絵本でした。
3歳、6歳児ともに食いつくストーリーでとても良い絵本でした。
梱包も丁寧で、絵本の状態もとても綺麗でした。
ありがとうございました。
投稿日: 1か月前 投稿者: TJ
5つ星のうち 5.0 永遠の名作
小さいときに大好きだった本。
今、子ども達に買って、やっぱり大好きな本だと再確認しました。
すごくすてきな本!
投稿日: 1か月前 投稿者: yojorind
5つ星のうち 5.0 子どもがイヤイヤ言い出したら、いやいやえんに連れていこう
とにかく、どの子どもにも訪れるのがイヤイヤ期。
いや、いつでも親の言うことには、イヤ!というのが子どもなのである。... 続きを読む
投稿日: 1か月前 投稿者: chihirita
5つ星のうち 4.0 日常的な場面の中での小さな冒険
もうすぐ5歳の娘に購入しました。
絵本と違い、文字が多いのでどうかな?と思ったのですが
すっかり夢中になりました。... 続きを読む
投稿日: 2か月前 投稿者: michiru
5つ星のうち 5.0 孫におくりました
これは私もよんで面白くおもいました
孫に贈る前にさしえに色を塗り大きくなったら色をぬるようにてがみを書きました
投稿日: 2か月前 投稿者: るんるんおばさん
5つ星のうち 5.0 good
とても楽しかったです。わがままな子には、ぜひ読んでもらいたいですね
投稿日: 2か月前 投稿者: 大塚 昭彦
5つ星のうち 5.0 喜ばれました
プレゼントして大いに喜ばれ、書評を参考に購入したと言いづらいほど、助かりました。
投稿日: 2か月前 投稿者: 新風親分
5つ星のうち 5.0 想像と夢
絵本のわりに、大人も楽しめ、想像を膨らませて、考える力が出ます。昔、子供達によく読みました。本は、沢山あった我が家ですが、子供が大きくなってほとんど処分したのです... 続きを読む
投稿日: 3か月前 投稿者: fOO_my
カスタマーレビューの検索
この商品のカスタマーレビューだけを検索する
ARRAY(0xabd98ef4)

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック