通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
いちばん長い夜に がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに日焼けがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

いちばん長い夜に 単行本 – 2013/1

5つ星のうち 3.7 29件のカスタマーレビュー

すべての 3 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 767 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • いちばん長い夜に
  • +
  • すれ違う背中を (新潮文庫)
総額: ¥2,398
ポイントの合計: 74pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

わたしは、まだやり直せるのだろうか? 幸せになって、いいのだろうか? 刑務所で知合った前科持ちの芭子と綾香は、東京下町で肩を寄せ合うように暮らし始めたが――。健気に生きる彼女たちのサスペンスフルな日常は、やがて大震災によって激しく変化していく。二人は、新しい人生の扉を見つけられるのだろうか?

内容(「BOOK」データベースより)

前科持ちの刑務所仲間―それが芭子と綾香の関係だった。“過去”に怯えながらも、東京の下町に居場所を見つけて、ゆっくりと歩き始めた時、二人は自分たちの大きな違いに気づき始める。人を殺めるとは何か。人が生きていくとは何か。亡くなった人間が残すものとは何か。そして、いつか、彼女たちの長い夜は明けるのだろうか?受苦の時代に暮らす全ての日本人に贈る、感涙の大団円。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 373ページ
  • 出版社: 新潮社 (2013/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103710136
  • ISBN-13: 978-4103710134
  • 発売日: 2013/01
  • 商品パッケージの寸法: 19.6 x 13.4 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 297,623位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
購入前にアマゾンでのレビューを見ていて、否定的なレビューが多かったので、どうしようかと思いましたが、結局、このシリーズが好きなので、続きを読んでみたくて購入しました。

個人的には、いい話だったと思います。
東日本大震災がストーリー上に詳細に織り込まれているのは確かに予想外だったけど、それに違和感を感じることはありませんでした。

過去に殺人を犯した綾香が、大震災での大勢の人の死をキッカケに、人の命を奪ったことの重大性に気づくくだりは自然に受け入れられました。

前作2作では語られなかった綾香の心の内面や芭子の成長、新たな出会いとそれぞれの道などが書かれていて、完結編に相応しい内容だったと思います。

芭子と南くんの今後や、綾香の被災地でのこれからの生き方など、まだまだ彼女たちの未来は平穏な道だけではなさそうだけど、後味の悪い終わり方ではないので、2人の未来は読者の想像にまかされるのもいいのでは と思いました。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
いつも楽しみに読んでいたシリーズの最終章です。

前2作もそうでしたが、主人公たちの日常の物語に、等身大の女性の人生を感じて毎回楽しみに読んでいましたが。
半面、この物語に落としどころがあるのか、終わりがあるのかと思ってもいました。
ところが、みごとに終わりましたね。

主人公芭子の人生の展開があまりにできすぎていて、シンデレラじゃないんだからとも思いますが、それは
それでお話の中のことですね。

やはり本作の読みどころは、仙台でのお話でしょう。

読み終わって、乃南さんのあとがきを読んで、深く納得がいきました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 中年A トップ1000レビュアー 投稿日 2015/10/14
形式: 文庫
上戸彩と飯島直子の出ていた、NHKドラマが印象的で、その続編にして完結編が出たと聞いて楽しみに読んでみました。

甘ちゃんのところが残る芭子としっかり者の綾香が、頑張って生活しつつも、世の中をはばかっている様子というのが、少し悲しく、つい応援したくなる風情を醸し出しています。そんな生活の中、東日本大震災が起きて、二人の生活が激変し、ラストに向かっていきます。
筆者あとがきを読むと分かるのですが、この東日本大震災との遭遇は、筆者自身の経験だそうで、その強烈な印象、おそらく人生観が変わるほどの大事件の印象が、本作に強く影響を与えたのは理解できなくもないのですが、東京でひっそりと息を詰めるようにしながら折角の健気に生きるムショ帰りの女性二人の将来が大震災によって激変してしまうストーリーは、やや唐突の感を免れず、大震災を軽く見るわけでは決してありませんが、このお話を大震災に結びつけなければならない必然性があったのだろうかという意味で、疑問が残りました。

とはいえ、健気に生きる二人の完結編として、読み応えのある作品でした。創作ではありましょうが、二人の今後の幸せを祈りたい気持ちで読了しました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 four-leaf clover トップ50レビュアー 投稿日 2014/11/2
形式: 単行本
欠かさず読んでいる大好きな作家、乃南アサさんの長編小説です。

「いつか陽のあたる場所で」「すれ違う背中を」に続く前科を持つ2人の女性
芭子と綾香を描いた連作シリーズの完結編になります。

いつも、あとがきから読み始めるのですが、今回そのあとがきに書かれた内容
(著者自身が震災の日に仙台にいた事実)を読んで、いつもより、より丁寧に文字を追いました。

元々、乃南アサさんの作品は小説でありながら、ノンフィクションに近い様なリアリティな話が多いので
毎回感情移入して読ませて頂いていますが今回は著者自ら経験された事なども
織り交ぜながら、描かれていますので、より一層、リアルでした。

前科を持つ芭子と綾香の行く末が気になって、読み続けた作品ですが
最後、読後感の良い完結でホッとしました。

いつもながらの、丁寧な文章と巧みな人物描写
そして今回は震災の様子も解り易く丁寧に描かれていて、絶えず脳内映像で風景が流れました。

やはり乃南アサさんの小説は読み応えがあります。
次作も期待して待ちたいと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック