Amazon Kindleでは、 あんぽん 孫正義伝 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 1,728
通常配送無料 詳細
5点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
あんぽ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

あんぽん 孫正義伝 単行本 – 2012/1/10


3個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 174
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810 ¥ 430


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

あんぽん 孫正義伝 + 志高く 孫正義正伝 完全版 (実業之日本社文庫) + 孫の二乗の法則 孫正義の成功哲学 (PHP文庫)
合計価格: ¥ 3,106

選択された商品をまとめて購入



オールタイムベスト ビジネス書100
これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ここに孫正義も知らない孫正義がいる

今から一世紀前。韓国・大邱で食い詰め、命からがら難破船で対馬海峡を渡った一族は、豚の糞尿と密造酒の臭いが充満する佐賀・鳥栖駅前の朝鮮部落に、一人の異端児を産み落とした。
ノンフィクション界の巨人・佐野眞一が、全4回の本人取材や、ルーツである朝鮮半島の現地取材によって、うさんくさく、いかがわしく、ずるがしこく……時代をひっかけ回し続ける男の正体に迫る。
“在日三世”として生をうけ、泥水をすするような「貧しさ」を体験した孫正義氏はいかにして身を起こしたのか。そして事あるごとに民族差別を受けてきたにも関わらず、なぜ国を愛するようになったのか。なぜ、東日本大震災以降、「脱原発」に固執するのか――。
全ての「解」が本書で明らかになる。

内容(「BOOK」データベースより)

今から一世紀前。韓国・大邱で食い詰め、命からがら難破船で対馬海峡を渡った一族は、筑豊炭田の“地の底”から始まる日本のエネルギー産業盛衰の激流に呑みこまれ、豚の糞尿と密造酒の臭いが充満する佐賀・鳥栖駅前の朝鮮部落に、一人の異端児を産み落とした。孫家三代海峡物語、ここに完結。

登録情報

  • 単行本: 399ページ
  • 出版社: 小学館 (2012/1/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093882312
  • ISBN-13: 978-4093882316
  • 発売日: 2012/1/10
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 14 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (97件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 5,684位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

146 人中、114人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 dolphilion 投稿日 2012/2/3
形式: 単行本
面白いんですが・・・タイトルの通り、「孫さんご両親のご両家伝」という感が否めませんので、
現在の孫正義氏を作り上げてきたものが何かを知ろうとすると、少し的外れな感じがします。

ただ、親戚等子供時代に近しい人の話が多く、孫さんの幼少期がどんなだったかを知ることはできます。

そのため、十代までの安本正義という人については深く知ることができます。

正直なところ、私は十代後半以降大人になり、そして孫正義と名乗ることを決心してから、
プライベートを最も近くで観察してきたであろう奥様の話を期待していました。

もちろん話せないことの方が多いでしょうし、たとえノンフィクション界の巨匠といえども書けないこともあるでしょう。

しかし、ご両親以上に本当の孫さんをよく知っていても不思議ではない人物が奥様ではないでしょうか。

ましてや思春期以降の子供のことなんて、親ですら理解した気でよく知らないのが普通です。

配偶者である奥様こそが、孫正義さんという方をよく知る人物だと思います。

その奥様から話を一つも聞くことが出来ていなかった点で、がっかりしました。

ページを読み進めるに連れて、まだか、もう
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
54 人中、42人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 909090 投稿日 2012/2/12
形式: 単行本
前半は、孫正義の生い立ちが丁寧に描かれていて、衝撃的なエピソード盛り沢山。
孫正義も「ここまで調べるなんてすごいな〜」と絶賛。面白い。

それが後半に入って、
著者の興味が明らかに孫正義ではなく、父の安本三憲にうつり、孫家のアイデンティティーに傾斜している。

後半で孫正義がソフトバンクを起こして何をしてきたか、の立志伝が読める、
と期待してたらそんな展開に変わってしまいただただ残念。

佐野さんの洞察と文書は本当に面白いので、
孫家3代の一代叙事詩として読みましょう。孫正義伝ではない。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
335 人中、257人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 アマゾネス愛子 投稿日 2012/1/12
形式: 単行本 Amazonで購入
2011年週刊ポスト上で大好評だったものをまとめた1冊。
現在、日本で最も裕福な男・ソフトバンクCEO・孫正義の自伝的作の単行本化。
佐賀の田舎で極貧の中でブタと一緒に寝起きした、
密造酒を作って売っていた、危険な炭鉱事故で親戚を亡くした・・・など「今だからこそ話せる話」がどんどん出てくる。親戚のおじさんが元ヤクザだとかそんな話。
もちろん当時の日本はどこでもそういう地域があったし、そうでもしないと生きていけない時代でもあった。
事実孫の父は事業を起こして成功した後はそういった暗い過去は完全に封印してしまった様にも見える。

しかしさすが佐野!
孫本人はもちろん、親戚や同級生など周囲の人をこれでもか!と取材してるので、ブレがない。
佐野は「孫は本当に面白い」と何度も感心しているが、僕はそんな佐野眞一の方が凄いと感心してしまった。

ここには右翼的でも在日的でもない、「人間・孫正義」が見える。
例えば孫は「在日韓国朝鮮人の息子で反日本的」「非常にシビアで貪欲なビジネスマン」とネットで叩かれることが非常に多い。
そして佐野は後者についてはあっさりと認めてしまっているようにも見える。
むしろ佐野は「孫のビジネス」についてはまったく興味がないようだ。そ
...続きを読む ›
6 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
20 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 早川宏一 投稿日 2013/1/11
形式: 単行本 Amazonで購入
確かに孫さんのサクセスストーリーは壮絶ですが
途中から孫さんのお父さんが中心になり
時系列があっち行ったりこっち行ったりで読み辛い…
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
44 人中、33人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 TaroTaro トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/2/18
形式: 単行本
著者の作品を読み続けている評者にとって、この作品が、孫正義の「仕事ではなく人物像のみ」に焦点を当てたものとなっていることに驚きはない。その人物の人物像を浮かび上がらせるために、出生や生い立ちにまで遡り、そこにその人物のパーソナリティの原点をみつけるという手法も、著者がこれまで残してきた評伝と同じ手法だ。

そして、下世話であり、ある意味露悪的ともいえそうな佐野評伝の魅力をこの作品も持っている。おもしろかったし読み応えもあったが、佐野眞一が書いた評伝、と考えてみると物足りなさも残った。
読み終わった後疲労感を覚えるほどに圧倒されることはなかったからだ。

評者は過去に著者の評伝を読んで、何度もその感覚を味わってきた。
そして、本作の相手は孫正義。期待はかなりのものだった。そういう意味ではこの作品は期待はずれだったといえる。

物足りなさの理由は、作品にかける著者の「時間」と「汗」の差なのだろうと思う。

著者の作品は、作品から佐野眞一臭が漂ってくると思わせるほど体臭が濃い。クセが強い。
正力松太郎と彼にかかわった人物を描いた「巨怪伝」、ダイエーを率いた中内功を描いた「カリスマ」等は代表作に数えられる。これらの作品には膨大ともいえる取材時間、佐野眞一が流した汗が感じられ、かつ読
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック