通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 良品。東京都中野区、西武新宿線の駅からスキップで1分のブックマート都立家政店より即時発送!店頭同時販売。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫) 文庫 – 2005/10

5つ星のうち 4.5 32件のカスタマーレビュー

すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594
¥ 594 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。6/30まで。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)
  • +
  • 雨の日のアイリス (電撃文庫)
  • +
  • 紫色のクオリア (電撃文庫)
総額: ¥1,890
ポイントの合計: 59pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「人間じゃなくて“爆弾”?」「はい、そうです。最新型ですよ~」。ある日、空から落ちてきた50ギガトンの“爆弾”は、なぜかむかし好きだった女の子に似ていて、しかも胸にはタイマーがコチコチと音を立てていて―「都心に投下された新型爆弾とのデート」を描く表題作をはじめ、「くしゃみをするたびに記憶が退行する奇病」「毎夜たずねてくる死んだガールフレンド」「図書館に住む小さな神様」「肉体のないクラスメイト」などなど、奇才・古橋秀之が贈る、温かくておかしくてちょっとフシギな七つのボーイ・ミーツ・ガール。『電気hp』に好評掲載された短編に、書き下ろしを加えて文庫化。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

古橋/秀之
1971年生まれ。神奈川県出身。1996年『ブラックロッド』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 253ページ
  • 出版社: メディアワークス (2005/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840231826
  • ISBN-13: 978-4840231824
  • 発売日: 2005/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 68,738位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
この小説はライトノベルには珍しく短編集です。その中に掲載されている七つの話は、『時間』ということでテーマが統一されていて、なおかつすべて、いわゆるボーイ・ミーツ・ガールものです。だからといって、同じような内容のものはどれ一つとしてなく、おかしかったり、切なかったりで、話の雰囲気も多種多様です。
個人的に好きな作品は、幼馴染みの少女が、くしゃみをするたびに記憶が退行する奇病にかかってしまう、「おおきくなあれ」という作品です。その病気の名前(ネタバレになるので言えませんが)や、ラストのオチがとても微笑ましいからです。
この本は短編集といっても、一つ一つの話の内容は濃いし、イラストも可愛く、文句なしだと思います。まぁ、難点といえば、人気があるのか、品切れが多く、なかなか書店に置いてないことでしょうか(笑)
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 ストーリーは、全部青春ものというか学園もののライトノベルという感じなのですが、読んだ後少し考えてしまう。
 生者と死者、人間と非人間、時間。
 こういう読みようによっては深くもとれるという本が私は大好きなので、妹にも勧めたが、「表紙だけでちょっと」と断られた。ハードカバーか新書にして、風景写真とかを表紙にしたら、大人向けのちょっとほろ苦い小説とかでも売れそうだけど。
 大人でも気にせず読んじゃっていいと思います。amazonで買うとか、図書館でこっそり司書の人にとって来てもらうとかすれば、本棚の前で怪しまれずに済むし。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 後野まつり VINE メンバー 投稿日 2006/4/2
形式: 文庫
違う時間、違う常識、その二つを微妙に混ぜてほのかな恋心を掛け合わせた不思議な短編の数々、堪能させていただきました。どっちかというと、一気に読むより、一つ一つを離して読んだ方が良かったかなと読み終わった後に思いました。数年後にふと思い出してしまいそうな、そんなお話が詰まっています。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本作では、普通の少年と不思議な少女との出会い、ボーイ、ミーツ、ガールが描かれている。

表題の「ある日、爆弾がおちてきて」では、
その表題通り、少年の前に高校時代好きだった女の子にそっくりな少女が落ちてくるところから始まる。
そして、彼女は自らを「爆弾」だと告げる…

表題の作品を含む7編の短編によって、本作は構成されている。

どの作品もボーイ、ミーツ、ガールが
時に甘酸っぱく、時に哀しく、時に楽しく描かれている。

個人的には、この作風は好みである。
ストーリー展開も文章もテンポが良く、
読み始めると、一気に最後まで読破してしまった。

そして、どの作品も読み終わったときに、不思議な余韻を残してくれる。

本作の初版は2005年10月で、現在までに九版(2013年9月)まで発行されている。
これは、本作が息の長い名作である証拠だろう。

読みやすく、楽しめる短編集であり、お勧めすることが出来る。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 TEZU 投稿日 2014/6/1
形式: 文庫 Amazonで購入
「世にも奇妙な」で気に入って本も購入。「ほんとは誰もがきっと思ってるんだよ。誰かが終わらせてくれないかなーって」。はるかのセリフにはぐっと来ました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 リオ トップ1000レビュアー 投稿日 2007/1/15
形式: 文庫
7つのとても短い短編が掲載された短編集です。

掲載作品は以下の7つ

1.ある日、爆弾が落ちてきて(40ページ)

2.大きくなあれ      (36ページ)

3.恋する使者の夜     (22ページ)

4.トトかみじゃ      (38ページ)

5.出席番号0番      (31ページ)

6.三時間目のまどか    (37ページ)

7.むかし、爆弾が落ちてきて(23ページ)

7つとも、ストーリーは 少年と少女の恋です。

1,3は切ない系、2,4、5、6はホノボノ系、7はその中間

各作品毎に、異なるトリックがあり、違った世界がある。そのトリックと世界がなかなか面白い。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「人を笑わすことが最も困難な媒体は文章だ」なんてどこかで聞いた記憶があるが、ところがどっこい。

古橋氏は“文章でしか表現できない笑い”を体得しているに違いない。絶妙なリズムと珍妙な単語のチョイスはもはや芸の域。

あわせて“学生のときこういうのあるよね”的感覚が所々で的確に文章にされて入っていたりすると

「なんでそんなこと覚えてんだよ」と驚愕そして爆笑。

小学生みたいなやり取りしかできない、お笑い芸人のバラエティー番組みるより1万倍はおもしろい。

それと「フツーの男の子とフシギな女の子のボーイミーツガール」と著者本人が言ってますけど、

いやいや男子全員フツーじゃないよ古橋さん。

なんだかんだいって、みんな少年の部分と大人の部分両方もってて器の大きさ感じさせてくれる。

そんな“お兄さん”と変な女の子のやりとりだから、“イタい・サムい”が全く無い。

読んでいて安心感があり、上質なほろにがスウィートで和ませてくれる。

さらに最初と最後のエピソードなんて、散々読み手を揺さぶったかと思えばそこへ来て締めが強烈。

気が付けば人物に感情移入してるものだから、切
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック