¥ 1,080
通常配送無料 詳細
12点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
あなた&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ 単行本 – 2003/7


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 32


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

あなたが世界を変える日―12歳の少女が環境サミットで語った伝説のスピーチ + ハチドリのひとしずく いま、私にできること + 世界がもし100人の村だったら
合計価格: ¥ 3,219

選択された商品をまとめて購入



発表!オールタイムベスト児童文学100
Amazon.co.jp13年にわたる書籍の販売で蓄積した各種データを元に選出した、 「オールタイムベスト児童文学100」 を発表。全国7か所にて展示・貸し出しも。

商品の説明

出版社からのコメント

「死んだ川に
 どうやってサケを呼びもどすのか、
 あなたは知らないでしょう。
 
 絶滅した動物をどうやって生き返らせるのか、
 あなたは知らないでしょう。

 そして、今や砂漠となってしまった場所に
 どうやって森をよみがえらせるのか、
 あなたは知らないでしょう。

 どうやって直すのかわからないものを、
 こわしつづけるのは
 もうやめてください。」

 12歳の少女が語った伝説のスピーチを全文収録(英文原文つき)。
 子どもたちの強い勇気が、深い感動を呼ぶ一冊。 
 坂本龍一氏、落合惠子氏も絶賛!
 

内容(「BOOK」データベースより)

1992年6月11日。ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開かれた国連の地球環境サミット。カナダ人の12歳の少女が、いならぶ世界各国のリーダーたちを前にわずか6分間のスピーチをした。そのことばは、人々の強い感動を呼び、世界中をかけめぐり、いつしか「リオの伝説のスピーチ」と呼ばれるようになった。

登録情報

  • 単行本: 65ページ
  • 出版社: 学陽書房 (2003/07)
  • ISBN-10: 4313812062
  • ISBN-13: 978-4313812062
  • ASIN: 4313812067
  • 発売日: 2003/07
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (49件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 20,813位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7

最も参考になったカスタマーレビュー

99 人中、92人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 カスタマー 投稿日 2005/5/1
形式: 単行本
何気なく買った1冊でしたが、最初の数ページを読んでもう涙が止まりませんでした。不滅の名作です。
「今日の私の話しには裏も表もありません。なぜって私が環境運動をしてるのは、私自身のため。自分の未来を失うことは、選挙で負けたり、株でそんしたりするのとは訳が違うんですから」
こんな冒頭で始まる12歳の少女が世界に向けて発したわずか6分のスピーチは、「リオの伝説のスピーチ」と呼ばれ世界中を強い感動に包んだ。
オゾン層にあいた穴、魚の帰れない死んだ川、絶滅した動物、砂漠になった森、どうやって直すのか分からないものを、これ以上壊し続けるのはやめてください
学校や幼稚園でさえ、争いをしないこと、話し合いで解決すること、他人を尊重すること、生き物をむやみに傷つけないこと、欲張らないこと、わかちあうことを、大人は子どもに教えてくれます。ならばなぜあなた方は、私達にするなと言うことをしているんですか。
この極めてシンプルで当たり前で、極めて重要な彼女の発言を、いったいどれほどの大人達が、真髄に心に刻み、具体的な行動に移せるのか? このスピーチの本髄は、決して単なるブームで終わらせてはいけない。
本の後半は彼女がこのスピーチをするに至った育ちやきっかけが綴られています。この本を編・訳をなさったナマケモノ倶楽部をはじめ、全国の環境活動をしている団
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
125 人中、116人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 キッズレビュー 投稿日 2007/1/25
形式: 単行本
感動しました。お父さんが帰ってきたときに、私はすぐに6分間のスピーチの音読をしました。お父さんも感動していました。学校で水や電気のむだづかいをなくすようにポスターを作りました。みんなにわかってもらうのはたいへんです。でも、地球のために私ができることがわかりました。ハチドリのひとしずくの話も大好きです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
48 人中、44人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 イッパン人 投稿日 2005/9/17
形式: 単行本
 人間は豊かな生活を手に入れることと引き換えに心に閉じこめてしまったものがあります。その、閉じこめたものを再び呼び起こしてくれるのがこの本です。
 自分の家族や友人を大切にするのは当然です。問題は、どこまでを家族と見るのか、どこまでを友人と見るのかです。著者は世界を家族と見ています。現実の社会では共存共栄は難しく、ライバルがいて人間は成長しますので世界が家族というのは理想論かもしれません。しかし、ライバルとの競争の中でも絶対に守らなければならないルールがあります。それは、地球を存続させることです。それは地球上で生活している人間は絶対に守らなければならないルールです。やはり地球は50億人以上の大家族なのです。そのことを、著者は語っています。そして、自分のできることから始めることの重要性を説いています。
 「どうやって直すかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください。」
 環境サミットで語った12歳の少女の、このシンプルな言葉が世界を救ってくれると信じます。 
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
75 人中、68人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 千尋 投稿日 2007/6/11
形式: 単行本
この本は以前から知っていましたが、実はそれほど興味を持ってはいませんでした。12歳といったら日本では小学6年生、その年齢の子が世界の重鎮に向かってスピーチをしたという事実だけでここまで話題になっているだけではないのかと捻くれた見方をしていたのです。

しかしたまたまこの本を手に取る機会があり、一読してそんな思いは吹っ飛びました。実に自分がこれまで聞いてきたどんな大人のスピーチよりも胸に響いたし、論理的で説得力に富み、何より共感が持てる内容でした。

これは本当に12歳の子が作った文章なのか、よほど推敲を重ね、色んな人にも見てもらって完成した原稿だったのだろうと思っていたら、実はスピーチの会場に向かう間、揺れる車体を机に僅かな時間で書かれたものであった事を知り、二度びっくりしました。

けれど、そんな疑問と驚きも、このスピーチが生まれた経緯を考え合わせていくうちにだんだん解消されつつあります。

この少女のスピーチがどんなお偉方のものよりも人々の心を打ったのは、ただこの事を伝えたいという思いだけで造られていたからではないでしょうか。他に何の思惑や意図も絡まない、これまで自分達が学んできた事や考えていることをとにかく皆に知ってほしい。そんな彼女の真摯さがそのまま言葉になっているからこそ、今も多くの人達の共感
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック