Amazon買取
最高買取価格

¥ 990
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,980
通常配送無料 詳細
発売元: 株式会社Poh
カートに入れる
¥ 5,032
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

ああっ女神さまっ 闘う翼 [DVD]


参考価格: ¥ 6,300
価格: ¥ 4,980 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,320 (21%)
1点在庫あり。 在庫状況について
この商品は、CYFORCE(サイフォース)が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 4,900より 中古品の出品:9¥ 1,950より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

2014年 秋アニメ 予約開始タイトル一覧
2014年10月から放送のアニメ、『ガンダム Gのレコンギスタ』、『甘城ブリリアントパーク』、『天体のメソッド』、『Fate/stay night』などブルーレイ&DVDと関連商品一覧はこちら。 今すぐチェック


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

ああっ女神さまっ 闘う翼 [DVD] + EMOTION the Best ああっ女神さまっ それぞれの翼 DVD-BOX TVシリーズ第2期 + EMOTION the Best ああっ女神さまっ DVD-BOX TVシリーズ第1期
合計価格: ¥ 32,288

選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 出演: 菊池正美, 井上喜久子, 冬馬由美
  • 監督: 合田浩章
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: バンダイビジュアル
  • DVD発売日: 2008/02/22
  • 時間: 89 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B001113FAE
  • EAN: 4934569631985
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 58,383位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

「ああっ女神さまっ」連載20周年記念作品!
「天使喰い」編を完全アニメ化!
封印された幻獣“天使喰い”現る!!
ストーリー史上最大の女神総力戦で贈る長編ストーリー!!
女神たちの運命は・・・!?

【特典・仕様】
初回封入特典:ポストカード
毎回映像特典:
1.ノンテロップOP&ED
2.20周年記念特別映像
3.井上喜久子×冬馬由美×久川綾 座談会「三人でがんばっちゃったりして」
4.TVCM・PV集
仕様:
・初回生産分のみデジパック仕様(リピート分よりアマレー仕様)
・キャラクターデザイン・松原秀典描き下ろしイラスト
・特製ケース

【2話収録】
前編「ああっ片翼の天使降臨,」
後編「ああっ悦びを二人で共に,」

平凡だけど幸せな日常を過ごしていた螢一たち。そんな時、森里家に「闘う翼」の異名を持つリンドが降臨した。
なんと、天上界で封印されていた凶暴な幻獣・天使喰いが何者かによって盗まれたのだ。
天使喰いは、女神に付いている「天使」を捕食する、女神の天敵。
天使喰いによって、ウルドが、ペイオースが、そして、ついにはベルダンディーまでもが天使を抜かれ倒れていく……。
だが、それだけではなかった。なんと、天使を抜かれたベルダンディーが、使い魔を入れられて魔属化してしまうのであった
今回の事件の裏にも見え隠れする、ヒルドの影。一体、何を企んでいるのか!?
そして、残された者たちの運命は・・・!?大切な人を救い出すことが出来るのだろうか!?

【スタッフ】
前編・後編 脚本:渡辺 陽/演出・絵コンテ:合田浩章/作画監督:猪股雅美
OP 演出:秋山勝仁/絵コンテ:合田浩章/作画監督:松原秀典 ED 絵コンテ・原画:松原秀典
原作:藤島康介(講談社 月刊「アフタヌーン」連載)/監督:合田浩章/キャラクターデザイン:松原秀典/サブデザイン:越智 博之/
音楽:浜口史郎/音楽製作:イマジン/音響監督:岩浪美和/録音スタジオ・音響制作:HALF H・P STUDIO/アニメーション制作:AIC 他

【キャスト】
森里螢一:菊池正美/ベルダンディー:井上喜久子/ウルド:冬馬由美/スクルド:久川 綾/ペイオース:佐久間レイ/リンド:伊藤美紀 他

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「逮捕しちゃうぞ」などで知られる藤島康介原作のファンタジーコメディの最新作。天上界で管理されていた魔族の幻獣・天使喰いが、森里家に新たな災いをもたらす。そんな緊急事態に、闘う翼“リンド”が降臨。女神たちの運命は…。全2話を収録。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

7 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 光の翼 投稿日 2008/3/12
Amazonで購入
 原作未読の私にとって、リンドはTV第一期シリーズの終盤にちょこっとだけ出現した姿しか知りませんでしたが、伊藤さんの、抑えた中に時々見える猛々しさと、戦闘専門でありながら現場の状況に即応して引き際を見定める機転を持っている柔軟なキャラ設定に少なからぬ魅力を感じ、「もっと出番増えないかな・・・」というのが正直な感想でした

 ワルキューレの中で比肩する者の無い熾烈で不断の修練により”闘う翼・片翼のリンド”と称され、女神達からの信任も篤い彼女の強さと、己に使役する天使の姿に負い目を感じ、更なる試練を自らに課す事で自分の弱さを封じていたリンドの繊細な内面、皆を護る盾でありながらも自らが招いてしまった事態に対し苦悩する姿、強さに驕らず他人の助言を聞き入れ謙虚に学び取ろうとする真摯な姿勢は、短い時間ながらリンドのキャラクターを強く印象付けた作品となりました

 また、「自分の弱さの象徴」として、自らが常に自覚できる戒めとしてのリンドの特異なヘアスタイルの理由も分かって大満足です。個人的には、回想シーンで大振りの戦斧を駆り修練に打ち込む時の(伊藤さんの)雄叫びには鳥肌が立ちました

 恐らくTV第三期において、リンドの出番が増えるかもしれません。本作のラストでその伏線が仄かに垣間見れます

 次回作も楽しみです、その前に、是非ご覧頂きたい作品です
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 1989 投稿日 2007/12/18
話の内容は、コミック24〜26巻あたりのものです。
特に目立った変更等はありませんが、作画がとてもキレイでした。
2話限定だからでしょうが、OVA並みの出来栄えです。
合田監督、とってもいい出来でしたよ!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 なげやり VINE メンバー 投稿日 2013/2/20
私は、女神さまっのバトル話は「あまり好きではありません」
理由は、昔から読んでるファンの読みたい話は、私自身何度も他の女神さまっ関連のレビューで書いてますが「螢一とベルダンディーのもどかしくも恥ずかしい純愛話」だと思うからです。

だから「バトル話」「バイク話」は原作で描かれても「一回読むと読み返す気になりません」(ただし、恐怖の大王の話は別。これはとても面白いと思います。アニメ版は尚更)
最近の原作のバトル話の「魔界編」ははっきり言えば「長年のファンの私でも酷評せざるをえない」内容ですが・・・

で、話がそれましたが原作のこの話は、正直「面白いと思えませんでした」のでアニメ版も、第1期、第2期の後とは言え、「正直期待してませんでしたが」・・・

結論「アニメ版は面白かったです」

リンドは原作では私自身は正直「微妙すぎる存在」のキャラでしたが、アニメ版ではDVDのレビューでも書きましたが「原作とは違った魅力」を出してます。
原作では、「どうしても迫力と緊張感に欠ける画風」のせいで、バトル話は向いてない漫画ですが、アニメ版は「アニメだけの効果もあって」面白い作品に仕上がってます。
でも、アニメ版のこの話が面白かった理由は、私は「ヒルド」の存在感もあげます。
...続きを読む ›
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック