¥ 7,344
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
〔コミ&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻 コミック – 1993/4


3個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 12,960 ¥ 11,693
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 5,330 ¥ 3,300
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 7,344
¥ 7,344 ¥ 4,999


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

〔コミック版〕はだしのゲン 全10巻 + はだしのゲン わたしの遺書 + はだしのゲン自伝
合計価格: ¥ 10,476

選択された商品をまとめて購入



秋アニメ&TVドラマ
「七つの大罪」「TERRAFORMARS(テラフォーマーズ)」ほか、10月放送開始アニメ&TVドラマの原作、関連本を一挙紹介。 特集ページを見る

商品の説明

著者:中沢 啓治。舞台は1945年、終戦間近の広島市。両親と姉、弟と貧しくとも仲良く暮らす主人公「ゲン」の暮らしはある朝、何の前触れもなく投下された”原爆”により地獄と化した。

登録情報

  • コミック
  • 出版社: 汐文社 (1993/04)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4811304004
  • ISBN-13: 978-4811304007
  • 発売日: 1993/04
  • 商品パッケージの寸法: 20.2 x 18.2 x 13.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3  レビューをすべて見る (164件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

894 人中、746人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2012/7/24
形式: コミック
 ごくわずかですが、この本は左翼思想だの反日感情を抱かせるだの言っている人がいますが、
私は、そうは思いません。
 これは、当時地獄絵図だった現実を目の当たりにした作者が、雑誌に載せられるギリギリのレベルまで忠実に当時の現実を再現した物語です。
たしかにその話の中には、主人公や周りの人たちが原爆を落としたアメリカや昭和天皇に対する罵りの言葉を発する場面がよく見られますが、
当時の状況からすればそのような言葉を発してしまうのも当然のことだと思います。
注釈も他のレビューから分かる通り偏りが見られますが、作者はただの被爆者の一人であって、政治とか思想のプロではないです。
ただ、感情がこのようにしてしまったのでしょう。
 上の二つについて突き止めようとするからマイナスの面がいちいちほじくり出されてしまうのです。
だから、この二つは気にせずに、過去にこのような悲惨な現実があった。このような事態を戦争なるものは作り出してしまうのだ。
だから、戦争はいけない。
このことを感じることができればいいのではないでしょうか。
 また、この本は下手すると子供がトラウマになってしまうグロテスクな描写が大量にでてきます。
学校においてあるのをPTAとかがいい顔しないのもそのせいです。
...続きを読む ›
9 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
469 人中、379人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 machan 投稿日 2009/8/15
形式: コミック
図書館に原爆関係の本が特集コーナーになっており、何冊か手に取ってみた。
そして、愕然とした。国内外を問わず、原爆の悲惨さは、ほとんど伝わらないような、イメージや祈りの本ばかり。

随分前に公開された、イギリスの映画「風が吹くとき」を観た時のようなショック。
「風が吹くとき」のように、原爆をこんな、眠るように死んでいくイメージで考えていれば、原爆に対しての切実な恐怖は生まれないだろう。

この「はだしのゲン」はリアルだ。
私は、原爆というと、この「はだしのゲン」の絵が何度も思い出される。
ヒロシマ・ナガサキで何人の人が死んだのか、それが誰の責任だったかという抽象論に走る前に、まず、あの原爆で死んでいった人に、どんな人間がいて、どんな生活を送っていて、原爆によって何が起こり、どんな死に様をしたのか、それをリアルに感じ取る事が何より先だ。

麻生総理が「はだしのゲン」の英訳版を公的な場所で配り、内容の一部が公的な書としては不適切だと批難を浴びているが、適切にするべく努力する時間をかけるより、少しでも早く、多くの海外の人間にこの本を読ませるべきだろう。

二度と、「風が吹くとき」のような、甘い夢のような、ロマンチックなプロパガンダを作らせてはいけない。
原爆の悲惨さにロマンなど無い。ロマンの入る余地も無い、醜さ・悲惨さ、汚さの直視だけが反原爆のエネルギーとなるのだから。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
352 人中、266人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 bubyuki 投稿日 2008/5/13
形式: コミック
この本は、どの立場からも読まれるべき本である。集英社少年ジャンプに連載されていた
が、右翼の圧力に屈した情けない出版社(社長が殺された後の右傾化した中央公論も同様
、情けない)として集英社はその名を歴史に残した。この本は、単なる原爆の話ではない。
より広く戦中戦後の人々の生活を捉えたものだ。この本でなければまず知ることのできな
い言葉がいくつも出てくる。戦災孤児、浮浪児、傷痍軍人、ABCCなど。特にABCCは酷い機関
なのだが、最早これに関する本は皆無である。もう一点は、人間という存在の中にある美点
と醜い点を浮き彫りにしていることである。特に、差別に関する記述は特別によくできた
筋立てでかかれており、その本質を知ることができる。小学生後半に読み始めるといいと
思う。そしてこの本はその後も読み返すことになる。気持ち悪い、残酷というが、原爆が落
ちたとき、幼少の子供達はそれを目の当たりにしたのであり、それを本書で追体験すること
にも意味がある。登場人物の年齢層も広がっており、よって読み返し荷も耐えうるのである。
末永く読み継がれるべき不朽の名作であり、日本で起きたことが何であったのかを知るために
欠かせない本である。体験・経験は事実を教えてくれるが、真実は、追体験と
...続きを読む ›
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
309 人中、231人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 投稿日 2010/1/5
形式: 単行本
太平洋戦争が終結して既に何十年も経ち、戦争や原爆のことを語る『語り部』となる方々が高齢となり、戦争を知らない我々が戦争や原爆を知る機会はどんどん失われています。
また、東京大空襲の日や広島・長崎へ原爆を投下した日、終戦の日に特別番組を組むことも最近では極端に少なくなりました。
そんな中、現職の国会議員の一部には、日本が世界に誇れる『平和憲法』と言われる『日本国憲法』の改憲や、徴兵制度の導入、核武装論さえ論じる者まで出てきています。

確かに、太平洋戦争は過去のものかもしれませんが、日本が二度とあの悲劇を繰り返さぬよう、戦災孤児・被爆孤児・被爆者などを出さぬよう、この本や他の戦争のことを書いた本を老若男女、政治家などを問わず読んでほしいと思います。
自分は小学生の頃にこの本と出会い、それから何十回とこの本を読み返しています。
その度に胸に突き刺さる台詞・場面は異なるし、戦争について考えさせられています。
たぶんこの本と出会っていなければ、自分の祖母から戦争のことを聞かなかっただろうと思うし、ビデオやDVDを借りて戦争・原爆のことを知ろうとは思わなかったかもしれません。
世界各地で紛争が起こり世界情勢が非常に不安定な現代、何時何処で核兵器が使用されないとも限りません。
戦争や原爆のことを知るという
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック