中古品
¥ 456
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【送料無料、Amazon配送センターより発送】表紙にヨレなどの使用感がございます。しかし、ページ部分は読むには差し支えないコンディションです。中古品の為、検品には万全を期していますが、書き込みや付録が付いていない場合など、状態説明に錯誤がある場合は、メールにてご連絡頂ければ対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

【増量版】アイドル墜落日記 単行本(ソフトカバー) – 2014/1/25

5つ星のうち 4.8 32件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1
単行本(ソフトカバー), 2014/1/25
¥ 147

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

内容紹介
あの超人気TV番組「有吉反省会」で大注目!
2004年に芸能界初の"エプロンアイドル"としてデビューを果たし、日本芸能史上まれにみる大敗北を喫したのちに、
前代未聞の"ゾンビアイドル"へと転身を果たした小明さんの処女作「アイドル墜落日記」が、最新書き下ろしと最新撮り下ろしグラビアを増量し、
装いも新たに再発売! 本来なら新作発表といきたいところですが、5年経っても次の本が書けなかったこの体たらく…
楽しみに待ち続けてくださるファンのみなさんへの"反省"を込めて、割引価格でご奉仕させていただきます!


【目次】
カラーグラビア ←8ページ増量!
ご挨拶(まえがき)
芸能界デビューまでの歩み(年表)
二〇〇四年 一九歳
二〇〇五年 二〇歳
二〇〇六年 二一歳
二〇〇七年 二二歳
二〇〇八年 二三歳
(あとがき)
二〇〇九~二〇一三年 ←New!

著者からのコメント

 この本は、人気グラビアアイドルになるためにデビューしたものの、ずっと売れずにくすぶり続け、どんどん擦れていった、2004年から2008年までの5年間の記録です。
 私は、小さい頃から目立つことなく静かにひきこもって暮らしていたものですから、つい「アイドルになれば私も誰かに愛してもらえるんじゃ......?」なんて思ってしまって、17歳のときにグラビアアイドルのオーディションに出て賞をもらい、有頂天になりました。
 これからはきっと、夢のように華やかな人生になるのだろう! と、不安と期待に控えめサイズの胸を膨らませたあの頃から、気づけば7年間もの歳月が流れていました。
 まさかこんなに売れないなんて、思いもしなかった。
 私はこれまで「自分がどうして売れなかったのかサッパリだわ」「おかしい、人生こんなはずではなかったのに」と信じて生きてきたのですが、久しぶりに昔の日記を読み返してみて、はじめて気がつきました。
 ......これじゃ売れねぇよ。
 その理由は、本文に余すところなく記されていると思います。しかしながら、当方まったく売れっ子のアイドルではありませんでしたので、若干どころかかなり辛気臭い部分もあるかと思いますが、どうぞ気楽におつきあいくださいね!
(まえがきより抜粋) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 254ページ
  • 出版社: 洋泉社; 増量版 (2014/1/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4800303230
  • ISBN-13: 978-4800303233
  • 発売日: 2014/1/25
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 323,714位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 のっこ 投稿日 2009/6/5
形式: 単行本(ソフトカバー)
小明さんのブログを以前から見ており、彼女がたまにブログで
紹介する書籍や音楽を読んだり聞いたりして自分もハマるなど、個人的に
影響を受けていたので、今回の、初の書籍を楽しみにしていました。
この書籍は、ブログの文章や写真をまとめてそのまま掲載するといった、
いわゆるタレントのブログ本にありがちな形態をとっておらず、
最初の生い立ち部分を除くとメインはほぼ文章のみです。
このように書くと地味に思えるかもしれませんが、文章は非常に面白く、
文才を感じさせます。
ただ、全体的に密度が濃く、読み終えるとグッタリするかもしれないので、
個人的には分けて読むことを勧めます。
この1冊で終わるのは勿体無い。他のコラム、もしくは書いた文章が書籍化
されるのを待っています。星5つ。
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
リアルな分、下手な小説よりよっぽど面白いです。
笑えて泣けて考えさせられて・・・最後は小明ちゃんガンバレ!て気持ちでいっぱい。

「お洒落な人脈と充実した日常」しか出てこないブログとか、
自分の話(自慢とか)しかしない人とか要領の良さそうな人に、
どこか胡散臭さを感じたりコンプレックスがある人、
このエッセイはストライクと思いますよ。
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
わたしは中学のとき小明さんに出会い、そのネガティブさに自分を重ね、暗い青春(するはずだった)時代を彼女のブログと過ごしました。
それから高校に入り見事デビューしましたが体から滲み出る根暗オーラによりまたなんなく自分から自然と孤独になっていって結局挫折
そんなある日前回のアイドル墜落日記(買おうと思ったのだが働いていなくお金がなかったので買えなかった)の増量版が出ると知り中野ブロードウェイでサイン本を手に入れ一気に読了!
いやぁよかった!笑えて泣けて危うく気持ちが持っていかれ死にたくなりかけましたがすごく良かった!途中タレントさんのブログ本ではなく、小気味いい小説を読んでるかのような錯覚を覚えるほどいい文章もちらほら。
あの時あかりんのブログをひきこもって拝見していた自分も去年ハタチになりました。あかりんの不器用な頑張りをみてわたしも肩肘はらずに少しだけ楽して頑張ろうという気になりました。有吉反省会に出てたあかりん可愛かったなぁ、死人のような顔だったけど死人のような顔であんだけ可愛い人いませんよ!売れるべきだよ!
友達にもかしたら「この人誰だか知らなかったけど好きになったわ」といってました。
こうして少しでもあかりんが注目されたらいいな。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 いちから勉強しないでも自然にできちゃうことと、何をどうしようが絶対にできん!ということのギャップが激しいひとのことを「ダメ人間」とも「天才」ともいうが、この本はそういう意味で、天才の仕事だと思った。
 わたしは今まで、どんな状況でもプラス思考へと転化するように努めて生きてきたけど、この本では、プライドを持った人間なら隠し通すであろう側面が、日記5年分のためこんだ負の力となって読む者にのしかかり、どん底へと引きずりおとす。いままで自分が無理してやってきたプラス思考が、もはやしょぼい自己欺瞞にしか思えなくなってしまうほど、小明さんの〈負〉の志向は深い。だいたい、1日4時間も森田童子を聴いていますというアイドルが、彼女のほかに一体どこにいるんですか…(いたらすいませんです)。
 一方で、その「深さ」が、自虐的にキャラを演じることと、歌のようなリズムを獲得することで形ある表現へと変わり、ところどころミラクルな横滑りを発生させ、爆笑してしまう。
 「先が見えない、見えないんだ! 練炭だ! 練炭を持ってこい!」(2005年4月18日の日記より)
 心からの叫びのはずなのに、いったい心のどの深さでこんなことをいっているのか、まったくもってわからん…。内容は悲惨なのに、リズムはすっかり歌っている。深く沈むことと、表面で跳ねることがひとつになっている。その言
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ブログ「小明の秘話」の愛読者であればあるほど、内容の重複が気になるところですが、現在アーカイブで読めるものはすべて目を通したつもりの私が読んでも、充分楽しめるものでした。台湾留学の真相が判ったりして、むしろブログのコアなファン程、興味深く読めると思います。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック