¥ 864
通常配送無料 詳細
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

『青鞜』女性解放論集 (岩波文庫) 文庫 – 1991/4/16


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 15


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

『青鞜』女性解放論集 (岩波文庫) + 与謝野晶子評論集 (岩波文庫)
合計価格: ¥ 1,685

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1911年、女性の覚醒をうたった平塚らいてうの誇らかな宣言を掲げて雑誌『青鞜』は産声をあげた。本書は創刊以来の全52冊から代表的論文40篇を選んで収めたもので、どの一篇にも「新しい女」たちの真摯な叫びが溢れている。かれらは偏見に抗して封建的家制度や良妻賢母主義と闘い、女性自身の愛と性の自由を追求したのである。

登録情報

  • 文庫: 367ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1991/4/16)
  • 言語: 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4003318110
  • ISBN-13: 978-4003318119
  • 発売日: 1991/4/16
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5  レビューをすべて見る (2件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 338,584位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

11 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 遊女・asome 投稿日 2004/9/26
形式: 文庫
「元始女性は太陽であった」という平塚らいてうの創刊の産声は有名ですね。
「元始、女性は実に太陽であった。真正の人であった。今、女性は月である。他に依って生き、他の光によって輝く、病人のような青白い顔の月である」
女性達が自らの言葉によって真実を語り始めた、「青鞜」という活動の始まり。「熱誠!私どもはただこれによるのだ」
現在の女性たちを、平塚らいてふがみたらなんと表現するでしょうか。
火星「争いの神」とても言うでしょうか?与謝野晶子がよせた女性解放のマニフェスト、「山の動く日来る」 女性として生きることがまだまだ、困難な時代だったことに思いを寄せ、また、抑制されていたからこそ、開花するその激しさ、美しさを感じます。
女性の言葉の強さ、熱さ、誠実さを感じる一冊。
今の時代にはあたりまえ過ぎていることが、ちょっと前の時代までは、全く困難なことであったことが改めて分かります。おもしろいですね。
女性達の熱き思い、ほとばしるような表現は何故か力になってきますよ。ぜひ一度手に取って読んでみてくださいね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
9 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ほしのや 投稿日 2005/3/18
形式: 文庫
 女流文学の発表の場としての使命を任じた『青鞜』に、付録のようにして掲載された評論などを集めたもの。当時の女流論客のしのぎの火花を砂被りで眺めているような迫力がある。ただ、一連の議論として発表された文章であっても、『青鞜』以外で発表されたものは収録されていないので、不便もある。
 議論の水準としては、成層圏の彼方に飛翔してしまったような今日の女性学とは比べるべくもないが、決して過去の遺物と軽んずるようなものではない。特に、平塚らいてうの所論の鋭さは際立つ。冒頭、『人形の家』のノラについての所感が次々と熱く繰り広げられる中で、らいてうの眼差しは至って冷ややか。こんなの当たり前じゃないの。いまさら浮き足立つなんて、ノラもずいぶんとウブなんじゃない?と言わんばかり。対照的に、公娼制度に関して青山菊栄の反論に応えた野枝の文章などは、もはや読むに耐えないほど見苦しく取り乱したものに成り終わってしまい、いかにもお粗末。
 本書で採りあげられている様々なテーマの中には、家父長制や姦通罪についての法改正、堕胎罪運用の大幅な変化、或いは女性普通選挙の実現、公娼制度の廃止など、時代を経て既に議論の直接の基礎が失われた問題もある。しかし、それらについて本書で問われていたことの根本は、制度の変化によっては結局なにも解消されたわけではないこともまた見逃してはならないはずである。刑罰の対象
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック