数量:1

Amazon買取
最高買取価格

¥ 2,850
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

画像はありません

選択したカラーの画像がありません。
カラー:
  • 選択した商品の在庫はありません
  • 画像がありません。
      

「秒速5センチメートル」インターナショナル版- 5 Centimeters per Second: Global Edition - [Blu-ray]


参考価格: ¥ 7,020
価格: ¥ 5,658 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,362 (19%)
20点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 5,658より 中古品の出品:3¥ 4,279より

Amazonインスタント・ビデオ

Amazonインスタント・ビデオは新作映画や話題のTVドラマ、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタル動画配信サービスです。 PCやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

2014年 秋アニメ 予約開始タイトル一覧
2014年10月から放送のアニメ、『ガンダム Gのレコンギスタ』、『甘城ブリリアントパーク』、『天体のメソッド』、『Fate/stay night』などブルーレイ&DVDと関連商品一覧はこちら。 今すぐチェック


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

「秒速5センチメートル」インターナショナル版- 5 Centimeters per Second: Global Edition - [Blu-ray] + 劇場アニメーション『言の葉の庭』 Blu-ray 【サウンドトラックCD付】 + 劇場アニメーション「雲のむこう、約束の場所」 [Blu-ray]
合計価格: ¥ 14,657

選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 監督: 新海誠
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 日本語, 英語
  • 字幕: 英語, 韓国語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: コミックス・ウェーヴ・フィルム
  • DVD発売日: 2011/11/18
  • 時間: 111 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1  レビューをすべて見る (359件のカスタマーレビュー)
  • ASIN: B005HZZG9I
  • EAN: 4560107150429
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: DVD - 21,812位 (DVDのベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


商品の説明

内容紹介

世界的に人気の高い新海誠作品「秒速5センチメートル」
インターナショナル版Blu-rayリリース!

・本編には日本語・英語2音声と、日・英含め11の各国語字幕を収録、特典映像も日本語、英語に対応。
・特典映像として、作家・新海誠の原点となる個人制作時代の2作品、「ほしのこえ」「彼女と彼女の猫」を収録。
(本編内容に変更はありません)

原作・脚本・監督: 新海誠

【本編仕様】
音声:日本語/4.0ch/サラウンド、英語/2.0ch/ステレオ(ドルビーデジタル)
字幕:日本語、英語、韓国語、北京語、タイ語、インドネシア語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、ポルトガル語、アラビア語

【特典映像仕様】
<監督インタビュー>音声:日本語/字幕:日本語、英語
<ほしのこえ>音声:日本語(声優版)、英語/字幕:日本語、英語
<彼女と彼女の猫 5分ver.>音声:日本語/字幕:英語
※特典映像は全てSDサイズです
※監督インタビューは「秒速~ 通常版/特別版BOX」収録内容のダイジェスト版です


5 Centimeters per Second: Global Edition
Makoto Shinkai’s masterpiece on Blu-ray with 11 subtitles!

<5 Centimeters per Second>
Audio: Japanese, English
Subtitle: Japanese, English, Korean, Mandarin, Thai, Indonesian, Italian, Spanish, German, Portuguese, Arabic
*The contents of the film have no change

Special Features
【Makoto Shinkai Interview】 Audio: Japanese/Subtitle: Japanese, English
【Voices of a Distant Star】 Audio: Japanese (voice actor version), English/Subtitle: Japanese, English
【She and Her Cat - 5 min version】 Audio: Japanese/Subtitle: English
*Special features are all in SD
*The interview is abridged version of the content on DVD/DVD BOX of the film.

*Region free/NTSC

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『雲のむこう、約束の場所』の新海誠が手掛けた連作アニメ。「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」を収める。11言語の字幕を追加したインターナショナル版。特典に新海誠の個人製作時代の『ほしのこえ』『彼女と彼女の猫』ほかを収録。

カスタマーレビュー

最も参考になったカスタマーレビュー

259 人中、230人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 メガネット 投稿日 2007/10/29
形式: DVD
あちこちで「いまひとつ」といった評を見かけるこの作品。
反面、「深く心に染み入った」という人もまた多数です。

観る人を左右するポイントは、自分に主人公のような体験があるかどうか。

・遠距離恋愛をしたことがある
・お互い好きなのに、離れてしまったことがある
・忘れられない人、思い出がある

こういった経験がないと、第一話は普遍的で良いとしても、第二話での主人公の冷たい優しさは理解できず、まったく感情的な演出をとっている第三話では話から突き放されてしまいます。

逆に、自身の体験や感覚と重なる人は、一見すると何もないようなストーリーの中に、愚直なくらいの切ない恋心が表現されていることに感動します。
幼心に大切な人を見つけ、それでも、いつまでも一緒にはいられないと予感する【第一話】。
美しすぎる思い出を忘れてしまえない【第二話】。想いが届かない苦しさを知っているゆえ、自分を好いてくれる子に中途半端に優しくしてしまう。それが一番残酷なことだと気付く余裕もなく。
大人になってもうまく現実を生きられない【第三話】。ラスト五分はPVのように「one more time, one more chance」にあわせフラッシュシーンが流れるだけなのですが、一、
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
422 人中、364人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yakitori 投稿日 2009/5/2
形式: Blu-ray Amazonで購入
この映画の主役はなんといっても映像でしょう。会話やストーリーは簡潔で、その分映像で全て語っています。全体的には悲しげな雰囲気ですが、小説などで景色の描写がそれを見る人の心境を表すように、この映画全編を通して描かれる美しい景色は、日常のささやかな、けれども確かな『希望』の象徴なのではないでしょうか。

以下ネタばれ。そこで是非とも気づいてほしいのが主人公が追い求めていたもの。踏み切りの向こう側にあったもの。具体的には明里ですが彼女は象徴的な存在です。この映画の一番最初と最後の踏み切りのシーン、わざわざ同じアングルにしてあるのだから当然意味があると思います。最初に小田急が画面いっぱいになったシーンは、ラストの貴樹が踏み切りで振り返ったシーンにつながっているのではないでしょうか。PVでもそうでしたしね。

小学生時代の初恋の人を忘れられず、中学、高校、大学と過去に縛られて生きてきた貴樹(ずっと小田急の向こうにいるはずの明里を見つめる貴樹〔小学生から大人へ〕)・・・年月が過ぎ(小田急が通り過ぎ)大人になった貴樹の目の前に明里の姿はなかった・・・

貴樹が追い求めていたのはもちろん明里です。しかし、文通が途切れ、時が経つうちにいつの間にかそれが具体性を失っていきます。(第一話、彼女を守れるだけの力がほしいと強く思った→第二話、最初の
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
257 人中、214人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 風運物 投稿日 2009/7/20
形式: Blu-ray
ショックでした。
非常にキツく、見るのがつらい作品です。

特に、学生時代の恋愛を引きずっている者、
就職して自分が恋愛につくづく向いていないのだと悟った者にとっては
耐え難い苦痛というか鈍痛を感じることでしょう。

私は最後の最後まで作品の中に救いを求めてしまいました。
でもそれはなかった。

それでも作者のメッセージを何かしら受け取れる方はよいでしょうが、
私はダメですね。

「現実がこんなにつらいのに、どうして映画の中まで、
こんなにつらいものを見せつけられなければならないんだ。」という
よく聞く感想が思いつく、
ある人たちにとってはただただ落ち込ませるだけの作品かもしれません。

もしも映画館で見ていたらブルーレイもDVDも買わなかったと思います。
こんなにつらいものを二度と見たくないからです。

映像は素晴らしいほど美しいです。
しかしそれは人を落ち込ませるのに大きな役割を果たします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
245 人中、201人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 しんのすけ VINE メンバー 投稿日 2007/11/24
形式: DVD
「泣ける映画が必ずしも良い映画じゃない」とは『子ぎつねヘレン』を見て号泣してしまった爆笑問題太田の言葉だが、この作品を見終わった時、「ああ、これがそうか」とすぐに思い出した。全く涙は出なかった。ただ心が締めつけられるような痛み、速くなった鼓動、目の前にモヤがかかったような感覚だけが残った。そしてそれらが落ち着いた時、最初に感じたのは、新海誠への愛情にも似た憧れとある種の親近感だった。この作品に限らず新海が度々批判の対象になるのは、見る側の中にかなりの割合でこの親近感を感じられない人間が存在することが原因だと思う。逆に一部の人々が彼を絶賛するのもまた、親近感が全てだと言っていいだろう。おそらくこの作品には「まあまあ良かった」という評価はないはずだ。境界線のこちら側で見ることができるか、あちら側から傍観するかで全く違った感じ方になると思う。心の隅に、かすかに、しかしいつまでも残っている何かを無理矢理映像にしたような性質の作品であるため、少し説明不足にも思えるが、この説明できていない部分は、きっと作った新海にも分からないのではないだろうか。そしてその説明できない『何か』とはおそらく、ものすごく恥ずかしい、誰にも見られたくない類の感情だ。そう考えてやっと、作品を見た後に残った新海への親近感の正体は、断片的とはいえ自身の生々しい感情を日本中に公開した勇敢さへの尊敬と、自分の中にも説明できない...続きを読む ›
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
サウンドについて 0 2012/08/13
トピックをすべて見る...  
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック