この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「戦略PR」の仕掛け方 (PHPビジネス新書) 新書 – 2009/6/19


すべての フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1


キャンペーンおよび追加情報

  • オールタイムベストビジネス書100: これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」の第4弾「ビジネス書100」を発表。

  • 著者ページ: 著者の作品一覧や、著者写真・略歴など、著者に関する情報を満載した「著者ページ」。著者の方は、「著者セントラル」へ。



商品の説明

著者からのコメント

 「どうすれば世の中を動かし、クライアントの成功に貢献できるか?」。私はこの10年近い年月をかけて、このシンプルな問いに答えるために、PRやマーケティング・コミュニケーションという分野で無我夢中になって仕事をしてきました。この仕事は非常に面白く、寝食を忘れて取り組んだことも少なくありません。ある時は何百冊もの書を読み、何百人ものメディアの方にお会いし、ある時はお会いした人からの一言で気づきを得たこともあります。また、時には思うように物事が進まず、苦しいこともありました。
いずれにせよ、人生のかなりの時間を使って人並み以上に情熱をもって努力をしてきました。今でも100%の回答は得られていませんが、この本が皆様にとって少しでもお役に立てれば幸いです。
 この本を通して私が伝えたかったメッセージは、戦略PRという視点を持って取り組んでいる会社とそうではない会社では間違いなく大きな差がつくということです。はじめは、消費者に売リ込むというプッシュ型の「企業視点」で取り組んでいた会社が、今の時代ではそのやり方でなかなか消費者と良好な関係や絆を持てないと気づきます。そこで、消費者と少しずつ関係を築き、好感を抱いてもらって購買やクチコミにつなげるというプル型の「消費者視点」のマーケティングに取り組んでいくようになるのです。この視点の変化をもたらすのが戦略PRの発想です。
消費者がなかなか信じてくれない今の時代において、戦略PRによって信じてもらえるコミュニケーションをとれるようになります。その結果として、売上アップやブランディングというビジネス成果が得られるのです。こうしたことを理解し、実践しているかどうかで、今まで以上に同業他社などと差が広がっていくことになるでしょう。
 今回の書籍はこれまでの経験から得た知見の集大成と位置づけで書きました。といってもまだまだ不完全なところも多いと思います。これからもあらゆる人から謙虚に学び続け、更なる進化を目指していきます。
 ぜひ本書を読まれて何らかのヒントを得ていただき、日々の仕事や生活で活かしていただければ幸いです。

内容(「BOOK」データベースより)

「テレビ、新聞などのマス広告が効かない!」そんな悲鳴があちこちで上がっている。確かにマス広告一辺倒の時代は終わった。これからは「戦略PR」の発想がなければ、ブームは作れない時代になったのだ。本書はその戦略PRの概念と具体的手法を説くもの。今、広告業界に何が起こっているかを明かすとともに、効果的なマスコミアプローチ手法をチャネルごとに解説するなど、今すぐ役立つ具体的手法を数多く紹介。

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2009/6/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569709931
  • ISBN-13: 978-4569709932
  • 発売日: 2009/6/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.2  レビューをすべて見る (4件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 590,272位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

26 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Yukari_Negishi [P.H.MediaTOKYO] 投稿日 2009/6/19
形式: 新書
本書最大のキャッチである「マス広告が効かない時代」とは「企業にとっては、これまでのように『自分たちに都合のいいように』情報を流せなくなる」(p.137)この事態を指している。
いずれそうなるどころか、すでに広告関係業界は売上と利益の激減に見舞われており、2009年春の斯界の決算は悲惨と暗澹で総会の時期を迎えようとしている。
その様相は「マス基軸の在来工法が通用しない」という悩みどころか、いまや存続の危機そのものである。
このような中、玉木氏はマスの象徴「雑誌」を例に挙げ「マスな押しつけを、読者が嫌い始めている」(p.117)と指摘する。
そこで、この実態を理解し打開ノウハウを学んだ側には死活的危機転じて商機となるかもよというのが本書(のようです)。
その中心コンセプトこそ「戦略PR」をめぐるいくつかの主張である。
他著の言葉を借りれば[消費者を「買いたい気分」にさせる「空気」。それをつくり出すのが『戦略PR』](p.57)ということ。
玉木氏が「消費者の感情をどう動かすことができるかが重要だ」と明言する所以だ。

だが、相手は「(マスな)押しつけを嫌う」消費者である。
手法を「プッシュ→プル転換」し、精巧かつ隠然たる「好感される」舞台装置で演出したくらいで彼ら消費者の動向にどの程度奏
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 最大手家電メーカー宣伝部 T・H 投稿日 2009/7/12
形式: 新書
広告崩壊の風評が広まるにつれてPRを切り口にしたアプローチが増えました。
ブログ・マーケ、インフルエンサー・マーケ、クチコミ・マーケ、
カリスマ・ブロガーの話、ブームを作って買う気にさせる話…
どちら様も同じことをおっしゃる。(玉木さんの御会社ではありませんので、念のため。)
なので、ブームを仕掛けるプロだというその方にお訊ねしました。
それとステルス・マーケティングとどう違うんですか?
お答えは一言。「目的が違う。これは御社のための真っ当な戦略だから」。
まだおわかりでないのでしょうか。
世の中、「目的」や「姿勢」が「真っ当」であると主張しても、
それをそうである・そうでないと評価し認定するのは消費者です。これはもう絶対的に。
発信者の「…であるつもり」なんてエクスキューズにもしてもらえない。
ブームを見ればその背後へと自然と関心が移るのが今の平均的な消費者です。
彼らは発信者の本意や説明がどうであれ、独自に判断を下しそれを広げていくのです。

(マス)広告が消費者がリジェクトされると今度はPRを学べ、使えというみなさん,
お勧めいただいたその手法がなぜ効果を上げなかったのか、そこはどうなのでしょう。
まずそこでしょう。<
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、0人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 mutotya 投稿日 2010/12/27
形式: 新書
アスキー新書の「戦略PR 空気をつくる。世論で売る」の高評価に
乗っかった感のある本。

とは言え、著者のPRメソッドは、
正しくも間違ってもいない概論に終始しています。

PR支援人の書くPR本なので
売り込み臭が抜け切れていなくて残念。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
17 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 PR小僧 投稿日 2009/7/7
形式: 新書
戦略PRの本に最近はまり。玉木さんの本を買ってみました。本田さんの戦略PRが面白かったので、期待していましたが。プレゼントパブリティやメディアへのアプローチの仕方などが出てきた時点で私にとってはギャグになってしまいました。戦略PRとプレゼントパブリシティがつながっていなかったものですから。
普通のPR教則本が戦略PRブームにのっかてタイトルだけ変えた本なのかと思ってしまいましたよ。
最後、付録にニュースリリースの書き方がついていた時点で。。。よくあるPR本じゃないですか!
できれば、戦略PRを組みたてるためのプランニングフローとか、チェック表とかをおまけにつけて欲しかったと思います。
期待していただけに残念でした。
もっと、戦略PRの名にふさわしい事例とか載せて欲しかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック