中古品を購入
¥ 968
中古品: 良い | 詳細
発売元 里山堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。カバーに多少のヨゴレ・シワがあります。本文はヤケ・書込み等無く、綺麗な状態です。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「尖閣」列島―釣魚諸島の史的解明 単行本 – 1996/10


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 704
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,026 ¥ 615

この商品には新版があります:



キャンペーンおよび追加情報



商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

「尖閣諸島は中国領」の歴史的文書は多い。「日本領」は皆無。国際法上の「無主地先占」はまったく根拠がない。だから、尖閣諸島は中国領である! 尖閣諸島の歴史の真実を問い直す。現代評論社・72年刊の第1部のみを再刊。

登録情報

  • 単行本: 153ページ
  • 出版社: 第三書館 (1996/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4807496123
  • ISBN-13: 978-4807496129
  • 発売日: 1996/10
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4  レビューをすべて見る (18件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 558,592位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4

最も参考になったカスタマーレビュー

11 人中、9人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 akuwa 投稿日 2013/11/13
形式: 新書
本書は尖閣諸島が以前から中国のものであると主張しています。中国の過去の幾つかの書物から、島の位置関係、尖閣諸島を囲む中国や周辺地域の尖閣諸島に対する認知度等に着目し、明治政府が尖閣諸島を日本の領土として宣言する以前から、中国では尖閣諸島を中国領として認識していたとしています。尖閣諸島に関する資料が中国には過去から複数あるのに対して日本には少ないということは、日本は尖閣諸島とのかかわり合いが少なかったことを示しているのかも知れません。尖閣諸島を日本領と考える立場であっても中国領と主張する内容を知るためにはこの書籍を読むことも必要ではないかと考えます。
しかし、清国が尖閣諸島を自国の領土として認識していたのならば、なぜ1905年の「大清帝國全図」には尖閣諸島が描かれていなかったのでしょうか、疑問に思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
69 人中、46人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 まじめ人 投稿日 2012/2/11
形式: 単行本 Amazonで購入
この本にはうそが多い。

イーグンクバジマ(尖閣諸島)は海洋民族琉球人の生活範囲だった。中国人は当時海のはしには暗黒の底(これが中外の境という意味)があり、これをおそれていた。当時尖閣諸島周辺は琉球人の方が慣れていた。中国から琉球へさっぽう船(新しい琉球王を形式的に認める儀式のため)が行くより10倍も進貢船(貿易船)が往来していた。そこは琉球には重要ではあっても中国側はさっぽう船の航海のめじるし以外は価値がなかった。つまり、どうでも良かったのである。
中国名は琉球人の通訳が中国と琉球の共通語としてつけたもの。中国名以前に琉球名が当たり前だが存在した。
琉球が独立していれば(すれば)当然、琉球の領土だが、現実は日本が琉球を支配しているので日本の領土である。

井上清氏は教授というより毛沢東崇拝者の中核派系の活動家が教授になったというのが正しい。
この井上氏の著作を読む人は必ず下記の著作もセットで読むべきです。

井上氏へ、証拠にもとずいて丁寧に反論しています。
アマゾンで検索 尖閣諸島―冊封琉球使録を読む  原田 禹雄 著
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
140 人中、92人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 黒糖焼酎 投稿日 2010/9/19
形式: 単行本
尖閣諸島は沖縄とシナ大陸を行き来するときの目印の島です。
したがって沖縄人もシナ人も存在は知っていましたが、近代社会じゃないので別に誰のものとも決めていませんでした。
著者はわかっていないのか、わざと書いているのか、シナ人は島のことを知っていた≒領有意識があったはずとこじつけています。
そしてそのこじつけが著者の中国領有論の根拠の全てです。非常に薄弱です(笑)
知っているかどうかはポイントじゃないのです。
ましてや民間人がどう思ったかなぞ国家間の取り決めになんの影響も与えません。あたりまえですが。
東シナ海が近代に突入したとき、日本は領有を宣言しましたが清国はしませんでした。抗議もしていません。
清国を継承した中華民国は日本領であることを前提に漂流民救助の感謝状まで出しています。
それが国家間の取り決め・認識です。
なんの瑕疵もなく完結しています。
だいたい後から「知っていたからオレのもの」なんて言い出したら世界中血の雨です。
さいきん中国の報道官が言及したことで有名になった本書ですが、両方の主張を知っておくのは良いことだとは思うものの、こんな本をわざわざ買うのは馬鹿馬鹿しいし時間の無駄だと言わざるを得ません。
3分の1くらいに要約してブックレットにしたらいいんじゃないでしょうか。
   
3 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
45 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 井上 豊 投稿日 2012/7/20
形式: 単行本 Amazonで購入
尖閣諸島の帰属問題について、最低限踏まえておかなければならないことは、下記の3項目でありましょう。
A歴史的側面 1895年に日本が領有する前にどこに属していたか。
 各国・地域がここを命名した経緯。
B日本の領有に関わる問題。
 日本の領有は正当だったか、それとも日清戦争(1894〜95年)に乗じて不当に奪ったのか。
C国際法の問題。
 台湾と中国がそれぞれ1970年、1971年まで日本の領有に異議を唱えなかったことが、日本の領有の正当性を認める根拠となるかどうか。
 欧米が世界中を植民地化した時代の国際法が、現在も正当なものでありつづけるか。
――本書はこの3項目を中心に、尖閣諸島が中国に属するという立場に立って書かれており、現在、中国などの主張の根拠になっているものと考えられます。
本書に書いてあることを論破できないと、日本の領有を正当化することは難しいと思います。
その意味で、著者の考えに厳しく反対する人もこの本に取り組み、批判的に学ぶ必要があります。
それだけの価値がある文献です。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック