Amazon Kindleでは、 「学力」の経済学 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
「学力&... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね綺麗な状態です。帯付。ビニール包装、エアキャップ梱包にて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

「学力」の経済学 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/18

22件のカスタマーレビュー

すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,447

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

「学力」の経済学 + 幼児教育の経済学 + 成功する子 失敗する子――何が「その後の人生」を決めるのか
合計価格: ¥ 5,400
ポイントの合計:  163pt (3%)

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容紹介

「ゲームは子どもに悪影響?」
「子どもはほめて育てるべき?」
「勉強させるためにご褒美で釣るのっていけない?」
個人の経験で語られてきた教育に、科学的根拠が決着をつける!


「データ」に基づき教育を経済学的な手法で分析する教育経済学は、
「成功する教育・子育て」についてさまざまな貴重な知見を積み上げてきた。
そしてその知見は、「教育評論家」や「子育てに成功した親」が個人の経験から述べる主観的な意見よりも、
よっぽど価値がある―むしろ、「知っておかないともったいないこと」ですらあるだろう。
本書は、「ゲームが子どもに与える影響」から「少人数学級の効果」まで、
今まで「思い込み」で語られてきた教育の効果を、科学的根拠から解き明かした画期的な一冊である。

各界著名人から絶賛の声多数!
その教育方針が「思い込み」から来るものだったら、
わが子を不幸にしてしまう可能性だってある。
―乙武洋匡

「一億総なんちゃって教育評論家」社会に叩きつけられた挑戦状。
日本の教育を変える一冊が、ここに!
―NPO 法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹

目次
第1章 他人の〝成功体験〞はわが子にも活かせるのか?
    - データは個人の経験に勝る
第2章 子どもを〝ご褒美〞で釣ってはいけないのか?
    - 科学的根拠に基づく子育て
第3章 〝勉強〞は本当にそんなに大切なのか?
    - 人生の成功に重要な非認知能力
第4章 〝少人数学級〞には効果があるのか?
    - エビデンスなき日本の教育政策
第5章 〝いい先生〞とはどんな先生なのか?
    - 日本の教育に欠けている教員の「質」という概念

出版社からのコメント

教育経済学は、教育を経済学の理論や手法を用いて分析することを目的としている応用経済学の一分野です。
そして、私が、教育や子育てを議論するときに絶対的な信頼を置いているもの、それが「データ」です。

大規模なデータを用いて、教育を経済学的に分析することを生業としている私には、子育て中のご両親や学校の先生にわからないことがわかるときがあります。
先日、とあるテレビ番組を観ていたら、やはり「ご褒美で釣ること」「ほめて育てること」「ゲームを持たせること」について、その是非が議論されていました。
子どもを育てる親にとっては、切実な悩みなのでしょう。
そしてそのテレビ番組で、教育評論家や子育ての専門家と呼ばれる人たちは、満場一致で次のような見解を述べていました。

・ご褒美で釣っては「いけない」
・ほめ育てはしたほうが「よい」
・ゲームをすると「暴力的になる」

司会者などの反応を見ても、その教育評論家たちの主張はすんなりと受け入れられていたように思います。
もしかしたら、そうした主張のほうが多くの人の直感には反しないのかもしれません。
しかし、教育経済学者である私が、自分の親しい友人に贈るアドバイスは、それとは正反対のものです(根拠については第2章でご紹介します)。

・ご褒美で釣っても「よい」
・ほめ育てはしては「いけない」
・ゲームをしても「暴力的にはならない」


私は、教育評論家や子育ての専門家と呼ばれる人たちを否定したいわけではありません。
しかし、彼らがテレビや週刊誌で述べている見解には、ときどき違和感を拭えないときがあります。
なぜなら、その主張の多くは、彼らの教育者としての個人的な経験に基づいているため、科学的な根拠がなく、
それゆえに「なぜその主張が正しいのか」という説明が十分になされていないからです。

私は、経済学がデータを用いて明らかにしている教育や子育てにかんする発見は、
教育評論家や子育て専門家の指南やノウハウよりも、よっぽど価値がある―むしろ、知っておかないともったいないことだとすら思っています。
本書は、その教育経済学が明らかにした「知っておかないともったいないこと」を読者のみなさんに紹介することを目的にしています。
(「はじめに」より一部抜粋)

☆☆☆ディスカヴァー30周年記念プレゼントキャンペーン実施中!!☆☆☆
ディスカヴァー・トゥエンティワンは、今年2015年で創業30周年を迎えました。
そこで読者のみなさまへ感謝をこめて、プレゼントキャンペーンを実施しております。
手元にいつも置いておきたい、あなただけの名品をプレゼントします。
書籍に挟み込んである応募券をご覧の上、ディスカヴァー30周年記念特設サイトへお越しください!
http://30th.d21.co.jp/

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 199ページ
  • 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2015/6/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4799316850
  • ISBN-13: 978-4799316856
  • 発売日: 2015/6/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4  レビューをすべて見る (22件のカスタマーレビュー)
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 44位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この本のなか見!検索より

(詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4

最も参考になったカスタマーレビュー

241 人中、218人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 教養好きの無教養人 投稿日 2015/6/19
形式: 単行本(ソフトカバー)
教育経済学の実証研究の成果を要領よくまとめたものです。手法は計量経済学であり、因果関係の識別に注意を払った論文が集められているので、短時間に多くの知識が得られます。と、同時に、教育経済学が真に(費用対)効果ある政策の識別に果たす役割もよく分かります。筆致も軽快で、一般の読者にもわかりやすいでしょう。

しかし、教育経済学の実証研究は、あくまで政策の平均的な効果しか示しておらず、一般にそれは、子どものアウトカムの5-15%程度までしか説明できません。統計的有意性と現実の説明力は別物です。説明できない要素は子どもの個別の事情であり、それは、保護者が自分の子どもをよく理解し、先生が子どもと向き合うことでしか獲得できない情報です。

子どもと向き合い、個別の子どもに応じた子育てや教育をするのが親の役目ですから、5-15%の平均の効果を鵜呑みにするよりも、子どもをよりよく知り、残りの80%を信じて子育てをする方が理にかなっていますし、ほとんどの親は実際にそうすることを選ぶでしょう。この本を鵜呑みにする親は、自らの子どもを理解するための時間も努力も惜しむ親でしかありません。したがってこの本は、せっかくの科学的研究成果を紹介しながらも、それを平然と「個別の親への助言に役立つ」と言い切ってしまっている点で、心理学の本に多い「ポップサイエンス」に墜ちてしまって
...続きを読む ›
2 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
22 人中、19人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 熊のブーさん 投稿日 2015/7/2
形式: 単行本(ソフトカバー)
私は、子供には真に自立した大人になって欲しいと思っている。
そのための親の役割は大きいと自覚している。
しかし、子育てには正解がない。

唯一ヒントがあるとすれば、自分の経験か、他人の意見。
でも、それで本当によいのだろうか。悩ましい子育て生活が続いていた。

そんな子育て生活に、一石を投じてくれたのが本書だ。
・ゲームは子供に悪影響?
・教育にはいつ投資すべき?
・ご褒美で釣るのっていけない?
決して答えが書いてあるわけではないが、
それらの問いに関する科学的根拠が綴られている。

その科学的根拠は、我が家の子育計画の羅針盤になりそうだ。

嫁さんと、本書の内容を話題にしながら、今までの子育てを振り返りたい。
そして、今後の子育てに活かしたい。そう思わせる内容だった。

最後に。
全国のお父様方へ
頭ごなしにこの本をもって「この本の方針は素晴らしい。うちもこれで行こう!」
などと言おうものなら、嫁さんへの否定メッセージにも受け取られ兼ねないのでご注意ください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
13 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ロビーナ トップ50レビュアー 投稿日 2015/7/3
形式: 単行本(ソフトカバー)
・遺伝が学歴に与える影響は27~35%。

・親の学歴が高いと世帯収入も高く、子どもの教育にお金をかけられるから、
子どもの学力、学歴は家庭環境でおよそ50%決まる。事実、東大生の親は突出して高収入。

・ノーベル経済学賞を受賞した教授によれば、5歳までのしつけや環境で人生が決まる。

などの「エビデンス(科学的根拠)」が、本書にはたくさん載っている。

ごほうびで子どもを釣るのはOK
褒め育てはNG
ゲームで子どもは暴力的にならないし、無理やりやめさせても子どもの勉強時間はたいして伸びない。

などの仮説にも、ひとつひとつ論拠が示されている。

今まであいまいにとらえていた
学力とはなにか、学力と幸せは相関するのかという問題を
新しい角度から、具体的に考えるきっかけになる本。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
38 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Ragrag 投稿日 2015/6/18
形式: 単行本(ソフトカバー)
「その教育、本当に効果があるのか?」というのがサブタイトルです。日本では教育の議論になると、必ず「私の体験ではこうだった」「昔はこうだった」という個人の経験談や信念による発言が横行し、社会的地位のある人や教育に関わっている人の体験や価値観で政策が決まってしまうことに疑問を呈し、この問題に「エビデンスベーストの教育政策」という視点で切り込んでいるのが、慶応大学SFCの中室牧子准教授です。
中室先生によると、彼女が取り組んでいる「教育経済学」とは、「教育政策の費用対効果を、エビデンスに基づいて統計的に分析・評価するもの」だそうです。数字や統計が全てとは言いませんが、公共政策を議論する時に統計もロジックも無かったらまともな議論になりようがないので、日本でも中室先生のように教育経済学の重要性を理解する方が沢山出てこないと、いつまで経っても不毛な教育議論が続きそうです。
それから、もうひとつ教育政策の問題を難しくしているのが子供の教育に関する学校外の要因が大きいということで、子供の学力に関しては、親の学歴、親の子供への接し方、幼児教育、遺伝など、いわゆる学校ではコントロールできない部分の影響が大きいという、何となく我々が薄々と分かっていることの研究が進んでいるようです。
例えば、中室先生の研究では、遺伝が学歴に与える影響は27〜35%と推定されているそうです。ま
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。

最近のカスタマーレビュー



フィードバック