通常配送無料 詳細
6点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
「やる&... がカートに入りました
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 yasu19700411
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 消毒クリーニング済。速達・代金引換・コンビニ決済も可能です。ページ内、書き込み、マーカー、破れ、折れ跡は見当たりません。カバーに若干、使用感がありますが、おおむね綺麗な状態です。剥がしやすいラベルを使用し、空調管理の完備されたアマゾン配送センターに保管しています。
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「やる気脳」を育てる (単行本) 単行本(ソフトカバー) – 2012/2/29


個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2012/2/29
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 865


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

「やる気脳」を育てる (単行本) + 夢をかなえる脳 + 「学力」と「社会力」を伸ばす脳教育 (講談社+α新書)
合計価格: ¥ 3,713

選択された商品をまとめて購入

この商品を買った人はこんな商品も買っています



商品の説明

内容紹介

子どもの教育に関するエッセンスを「人間性知能HQ」を中心にしつつも幅広く、またやさしく解説。「脳を強化できる時期は人生に3回ある」「乳児脳は特別」「子どもに一番必要な能力とは」など、「やるき脳」を育てるための35項目。

内容(「BOOK」データベースより)

幼少期の環境は、脳の発達や機能に大きな影響をもたらし、小さな目標に向かって努力をはじめると、脳は育ちはじめる。コツは「努力してきたことをほめる」。子どもの脳力を伸ばす方法を“面白まじめ”に語る。

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 200ページ
  • 出版社: 小学館 (2012/2/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4098401274
  • ISBN-13: 978-4098401277
  • 発売日: 2012/2/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 13,987位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

18 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 Amazon Customer 投稿日 2012/4/20
IQが高くても社会に適応できなければ幸せにはなれない。社会的に成功して幸せな生活を送るには、高いHQ(人間性知能)が必要であり、HQを発達させるためにはEEE(進化的に予想している環境)が重要である。
ということで、終始“HQ”と“EEE”が頻出します。一般の親向けに易しく書かれた本ということですが、馴染みのない“EEE”という言葉が頻出するために意味が把握しづらい箇所もありました。

HQを発達させるための方法として、ほめる、夢を持たせる、小さな成功体験を繰り返す、などが項目別に挙げられています。

そして最後に、幸福感と関係する環境要因はただ一つ「結婚」であり、「HQが高くて良好な結婚をすることが、豊富な幸福感を抱くためのほとんど唯一の方法」とまとめられています。

科学的な研究の結果なのでしょうが、これについては腑に落ちませんでした。
価値観も何に幸福を感じるかも人それぞれ、私は結婚しない主義だけど幸せよ、という人もいるだろう、と。

勉強ができても社会に適応できなければ幸せになれないのは当然のことであり、幸せになるためには夢や目的を持ち、周囲の人と良好な関係を築ける能力を持つことが必要であるのは非常に納得できる事実で、それが科学的に説明できるのはとても興味深いことです。
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
15 人中、11人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 まぁくんママ 投稿日 2012/3/11
保育関係の仕事をしています。現場では子どもたちひとりひとりの個性を大切にし、子どもの興味関心を引き出し伸ばす体験を日々の保育に取り入れています。自然に触れ合う遊びやごっこ遊びなど、子どもがのめり込める時間を大事にしています。先生の本を読んで、これらの体験が、子どものHQを育てることに、きっと役立っていると思いました。脳は環境で変えられるという部分に励まされました。
 保護者の方々には、園の保育内容について説明し、子どもの育ちに何が大切かを伝えているつもりですが、結局は受験対策としてお勉強に走る親子が多く、残念というか心配に思っていました。園で大切にしていることが、子どもの育ちに役立つことを証明するのは、ずっと先でしか成果が出ず、わかりにくい。いっぽう、幼児教室でやるドリルは、すぐに成果がわかるので、親御さんたちも安心するのでしょう。
 そのわかりにくくて、伝えにくかった大切なことを、この本はとてもわかりやすく、読みやすくまとめてありました。HQ理論ははじめてでしたが、先生の他の本も読んでみたくなりました!
「人類を幸福にすること」が科学の本質との言葉に納得しました。先生のお母さまの子育て法も、とても参考になりました。やんちゃ坊主(ごめんなさい!)も、周囲に理解者がいると、立派な脳科学者になり、たくさんの人を幸せにすることができるようになるんですね! 
 より多くのお母さん方に読んでほしいと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
4 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 スカーレット 投稿日 2012/4/22
Amazonで購入
「幼児教育と脳」を読んで、結論を知りたかったのですが、やる気脳を育てるというこの本は、答えがたくさんあった気がします。買ってすぐ読んだのですが、だいぶ忘れてしまっています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック