Would you like to see this page in English? Click here.


または
1-Clickで注文する場合は、サインインをしてください。
または
Amazonプライム会員に適用。注文手続きの際にお申し込みください。詳細はこちら
こちらからもご購入いただけます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
「すみません」の国 (日経プレミアシリーズ) (日経プレミアシリーズ 157)
 
 
Kindle化リクエスト
このタイトルのKindle化をご希望の場合、こちらをクリックしてください。

Kindle をお持ちでない場合、こちらから購入いただけます。 Kindle 無料アプリのダウンロードはこちら

「すみません」の国 (日経プレミアシリーズ) (日経プレミアシリーズ 157) [新書]

榎本 博明
5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 918 通常配送無料 詳細
o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o o
3点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなく1000ポイント キャンペーン実施中。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

「すみません」の国 (日経プレミアシリーズ) (日経プレミアシリーズ 157) + 「上から目線」の構造 (日経プレミアシリーズ) + 「上から目線」の扱い方 (アスコムBOOKS)
合計価格: ¥ 2,797

選択された商品をまとめて購入


商品の説明

内容紹介

「すみません」とすぐに言う、「それはいいですね」と言いつつ実は拒否している、自分の意見を押し出すと「空気が読めない人」になる、全員が“首をかしげる”提案がなぜか会議で認証される――日本独自のコミュニケーションの構造をひもとく『「上から目線」の構造』著者の最新刊。

登録情報

  • 新書: 220ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2012/4/10)
  • ISBN-10: 4532261570
  • ISBN-13: 978-4532261573
  • 発売日: 2012/4/10
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7  レビューをすべて見る (6件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 155,989位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この本のなか見!検索より (詳細はこちら
この本のサンプルページを閲覧する
おもて表紙 | 著作権 | 目次 | 抜粋 | 裏表紙
この本の中身を閲覧する:


カスタマーレビュー

星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
最も参考になったカスタマーレビュー
17 人中、16人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By pearl
形式:新書
プロローグは、「すみません」を使うよくあるシーンから始まっている。確かにわたしたち日本人は、一日のうち数えきれないくらい「すみません」を言ったり聞いたりする。しかし、それ以上それを掘り下げて考えることはあまりないだろう。
この本は帯にあるように、「悪いと思っていないのにとりえず謝る、『わかりました』と言いつつ、意向は無視、日本人の“お約束”の深層構造」について解説したものである。きっちりと心理学をベースにしているため論理的であるが、文体がわかりやすく、盛り込まれている事例も身近なものなので、とても読みやすい。
読後に、沖縄の基地移転についてや、中国漁船の尖閣諸島問題についての日本の対応など、国際的に起こっている問題を、この本に書いてある枠組みに当てはめてみると、非常に面白い。
また、この本の骨である『日本は「状況依存社会」である』という説に深く共感を覚えた。自分を振り返ってみると、確かに状況依存的な行動ばかりしており、まさに日本人だと思った。
私たちが自然にしている日常の何気ない言動を、日本人の特徴として体系化し、グローバル社会でどう生かすべきかを提示している。ビジネスパーソンならぜひ読むべき本だと思う。
このレビューは参考になりましたか?
3 人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By 不識庵 トップ50レビュアー
形式:新書
「すみません」「分かりました」…
でも、言葉通りとは限りませんね。
皆さん自身も日々経験する感覚。
あるいはKYなどと表現される「阿吽の呼吸」。
本書は心理学博士である著者が、
私たちが無意識に使っている
「すみません」という言葉などをモチーフに
「なんとなく」イメージしている「感覚」を
皆さんに代わって、すっきりと明瞭な文章で整理してくれます。
しかも、本文では具体的な事例を紹介しながら、
平易な文章で書かれていますので、
すらすら読めます。

「状況依存社会」「ホンネとタテマエの二重構造」。
以上が本書のキーワードです。
この本の要旨は、つまるところ、
自国の文化を理解しなければ、
日本人同志は勿論、それぞれ異文化を背景にした諸外国人達と
相互理解や共生を求めることはできないという
言わば、当たり前の「結論」です。

『英語を話せてもバカはバカ』という
凄いタイトルの本もありましたが、
「当たり前のことが当たり前」には
推量されず、理解されない昨今。
この結論の意味は大きいと思います。

「戦後の教育で自己主張と
... 続きを読む ›
このレビューは参考になりましたか?
10 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
By swan
形式:新書
『「すみません」の国』という題名を見て、あいまいで自信のない日本人についての本だろうと思った。
日本人なのだから日本人のことはわかっているつもりだったが、半分もわかっていなかったことに気付かされた。日本人の良い面をあらためて知ることができたし、また、漠然と抱いていたイメージも、その背後の心理をずばり解説してあり、なるほどと納得できた。
本書の中で、欧米人の発言こそがタテマエに基づいているというのは意外だった。しかも、欧米人自身はそれに気づいていないだろうという。そのうえ、日本人の方が深いコミュニケーションをしているのではないかとも書いてあった。読んでみると納得できることばかりで、これが国際的コミュニケーションが難しい原因だと感じた。
日本人が国際化に対応すべく自己主張を学ぼうと、プレゼンテーションやコミュニケーションスキルの研修に参加してもなかなかうまくいかない理由や、
日本語のニュアンスを外国語に訳したときに起こってしまうトラブルについても書いてある。
英語力の向上ばかりを目指しても飛躍的には進歩しにくいグローバルコミュニケーションは、こうした心理的なものを理解することが最も大切と思われる。
日本人は、自らのことをきちんと知ったうえで、日本語や日本の文化、日本人の気質のよいところを見直し、自信をもってそれを活かすべきだと気づかされた。
このレビューは参考になりましたか?

クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
内容・タイトル 返答 最新の投稿
まだクチコミはありません

複数のお客様との意見交換を通じて、お買い物にお役立てください。
新しいクチコミを作成する
タイトル:
最初の投稿:
サインインが必要です
 

クチコミを検索
すべてのクチコミを検索
   


関連商品を探す


フィードバック