Amazon Kindleでは、 〈小説〉東大過去問・現代文 文庫ぎんが堂 をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 741
通常配送無料 詳細
2点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
〈小説&... がカートに入りました
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

〈小説〉東大過去問・現代文 (文庫ぎんが堂) 文庫 – 2012/3/31


2個すべてのフォーマットおよびエディション 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 741
¥ 741 ¥ 1


Amazon Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。
無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。



キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

〈小説〉東大過去問・現代文 (文庫ぎんが堂) + 東大現代文で思考力を鍛える + 東大入試に学ぶロジカルライティング (ちくま新書)
合計価格: ¥ 2,836

選択された商品をまとめて購入



商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ある日の夕暮れ。37歳で医者になった変わり者の「おじさん」が、30年前の東大入試問題(現代文)を一緒に解くため、甥っ子受験生シゲルの家をふらりと訪れた。…“連ドラは「線」か、「面」か?”、“「言葉がすべて」な場所とは?”、“経験はコドクか?”、“「石のあたたかさ」とは?”。名問題文と格闘するうち、見えてきたものは―。「やりなおし人生」を自ら明るく実践してきた「脱サラ医師」にしてベストセラー作家である著者が放つ、痛快「勉強小説」。

著者について

■川渕圭一 かわふち・けいいち
1959年、群馬県前橋市生まれ。医師・作家。東京大学工学部、京都大学医学部卒業。
パチプロ、数社の会社勤務、そしてひきこもり体験を経て、30歳で医者を目指し、37歳で京都大学医学部卒業。
大学病院で研修医として勤務した経験をもとに執筆した『研修医 純情物語──先生と呼ばないで』(主婦の友社、幻冬舎文庫)が10万部のベストセラーに。現在はフリーの内科医として働きつつ、執筆活動もつづけている。
主な著書に『振り返るなドクター』、『吾郎とゴロー』(幻冬舎文庫)などがある。

登録情報

  • 文庫: 256ページ
  • 出版社: イースト・プレス (2012/3/31)
  • ISBN-10: 4781670687
  • ISBN-13: 978-4781670683
  • 発売日: 2012/3/31
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0  レビューをすべて見る (3件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 263,573位 (本のベストセラーを見る)
  •  カタログ情報、または画像について報告


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

8 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 yukaricoffee 投稿日 2012/5/12
形式: 文庫
センター試験導入前に東大が独自に実施していた一次試験を教材にしておじさんが家庭教師で甥っ子に教えると言うのがメインのストーリーです。

センター試験は解答を公表することになっています。
そのため、誰が見てもこれが正解!となるように問題を作成しないといけないため、問題自体はそんなに難しくないと言われています。
半分正解すればよかったというこちらの問題には微妙な問題も確かにありますが、試験の形式が違うから、問題が古すぎるからといって役にたたないということはありません。
受験現代文は本をたくさん読めば解けるようになるというものではない、ということもわかります。
最初の2問は高校1年くらいでも解けると思いますので自信にもつながりますよ

「勉強した内容よりも、勉強したという経験が大切」ということが最後に書かれていますが、まさにその通り。
知識自体、ネットの普及ですぐに取り出せるようになってきているので、これからますますその傾向が強くなるでしょうし。
かといって知識の暗記が不要になってくるというわけではなくて、勉強を通じて学べる「頭の中の情報の引き出しの整理法」「物事に取り組む際の枠組みのようなもの」によって社会に出てからも効率的に勉強できますし、応用もできますよね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
1 人中、1人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 キラ 投稿日 2013/1/15
形式: 文庫
タイトルなどは?ですが、収録されている内容の問題のほうが抜群におもしろいです。
東大の国語といったら、書かせる問題ばかりかと思いましたが、選択式のものがこんなに多いとは知らずにいましたし、その選択肢のまぎらわしさがまた堂に入っていてうまいです。
新聞の社説から、小林秀雄、柄谷行人、木村尚三郎らの各時代のインテリたちまで、はばひろくカバーしているのですね。時代が変わっても、テーマはさほど色あせていません。
かつまた、その取り上げる箇所がツボというかマニアックなところで、「ここを問題にするのか」とそこが楽しめます(あくまで受験と関係のない当方が大人だからだけれども)
著者の力量もあいまって、勉強本としてはかなりよいのではないでしょうか。ただ、小説にしなくても、ふつうの解説文として、この作者なら再構成できたような気もします。その分、問題を多く取り上げてもよかったような気もするので、☆4のところ三つです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 chelsea 投稿日 2012/5/14
形式: 文庫
ドラマの「37歳で医者になった僕」の原作『研修医純情物語』を書いた著者による“勉強小説”で、いわばドラマの主人公がもうちょっと大人になって甥っ子の家庭教師にやってくる、という設定だ。医者をはじめどんな仕事にも結局国語力(言葉によるコミュニケーション能力)が重要だ、という真実は自分の子どもにも伝えたい。もう赤本も手に入らない、大昔の東大入試問題がそのまま引用されているのも貴重で、例文にも名文が多く、お買い得な1冊だと思う。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック