Amazon Kindleでは、 ×××HOLiC(16) をはじめとする200万冊以上の本をご利用いただけます。 詳細はこちら
¥ 669
通常配送無料 詳細
7点在庫あり。(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
この商品をお持ちですか?
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

×××HOLiC(16) (KCデラックス ヤングマガジン) コミック – 2009/12/22


すべての 2 フォーマットおよびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格 新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 669
¥ 669 ¥ 1


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

×××HOLiC(16) (KCデラックス ヤングマガジン) + ×××HOLiC(18) (KCデラックス 週刊少年マガジン)
合計価格: ¥ 1,338

選択された商品をまとめて購入


2014年書籍年間ランキング発表!
和書、洋書、コミックの総合から、文芸、ビジネス、絵本などの各ジャンルまで、書籍の年間ランキングをご紹介。今年一番売れた書籍は? 今すぐチェック

商品の説明

内容説明

不思議コメディ!
霊感体質の持ち主、四月一日君尋(ワタヌキキミヒロ)はある日、吸い寄せられるように一軒の家に…。そこは、市原侑子(イチハラユウコ)という名の妖しい女性が主人をつとめる店で、どんな願いも、見合った対価をはらえばかなえるという。そこで働かざるを得なくなった君尋は、今日もコキ使われて…!?

消え去ってしまった侑子(ユーコ)さんに再び逢うため四月一日(ワタヌキ)が決断した衝撃の選択とは一体!?

登録情報

  • コミック: 180ページ
  • 出版社: 講談社 (2009/12/22)
  • 言語: 日本語, 不明
  • ISBN-10: 4063758516
  • ISBN-13: 978-4063758511
  • 発売日: 2009/12/22
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8  レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)
  • Amazon ベストセラー商品ランキング:
  •  カタログ情報、または画像について報告

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

最も参考になったカスタマーレビュー

42 人中、37人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 ブラック珈琲 トップ500レビュアー 投稿日 2009/12/22
形式: コミック
 「ツバサ」最終巻で断片的に示された四月一日の選択と対価、それが遂にこの16巻で明らかにされました。

 侑子さんにまた逢うまで"ずっとずっと"待つこと、その為に店(ミセ)を継ぐこと、店(ミセ)から外に出られなくなる代わりに年を取らなくなること。

 かくも揺るがぬ決意が四月一日の口より決然と示されて、そう決めた四月一日を年月が経とうとも支えてくれるこれまで近しくなったモノ達はやはりいて、そうして四月一日は紆余曲折はあったらしいものの結果驚くべき変貌を遂げることに。

 常に酒と煙管を手にしふてぶてしくも店(ミセ)の主をしている危なげない、でも周囲にはそうは思われていない店(ミセ)の客の願いを対価と引き換えに叶える−−そんなかつての「侑子さんのような存在」に。

 侑子さんは流石全てを見通していた、こんなコトになっても「ひとりだけど独りじゃない」ようにと四月一日を心配してくれるモノ達を集め、そんな彼等彼女等のその想いをきちんと受け止められるようにと四月一日を色々と鍛えていたのが、ここにきて見事実を結んでいます。ここまでに起こったこと、それはやはり全て偶然ではなく必然であったということですね。
 客の依頼を見事にこなす四月一日や、大人になった百目鬼達の姿に劇中で経った年月をひしひしと感じ、百目鬼
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
21 人中、15人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 珠洲 投稿日 2009/12/23
形式: コミック
ついに四月一日が表紙となったxxxHOLiCシリーズ第16巻。

侑子消失で話が途切れた15巻から四月一日はどうしたのか、どうなったのか。

彼の選択がどちらへ向くのか、その続きとはじまりが描かれています。

注目点は、四月一日自身の変化だと思います。
四月一日が変わる転機は今までも幾度となく訪れていましたが、今回は別人になったのではなかろうかと思うほど姿(おもに表情や服装)から態度まで変わっています。しかし、かつてミセの店主であった侑子を彷彿とさせるところもあるのがまた不思議です。

合わせて、進みだした時間も気になるところです。
今までは季節がめぐっても歳をとるという意味での時間の流れを感じなかった分、
その変化にはある種の違和感を覚えながらも、まだ見ぬxxxHOLiC世界のその先を期待しないではいられませんでした。

全体的にしんみり沈みがちな今巻ですが、次巻が待ち遠しくなることは確実です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
11 人中、7人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。 投稿者 紙魚 VINE メンバー 投稿日 2009/12/24
形式: コミック
 もう一つの世界の選択の結果、侑子さんがいなくなる。もう一度会いたいと願う四月一日。彼はある決意をする。そして物語は4年後、xxxHolic・籠(ろう)へ

 新しい章に関してはすでに他の方が書いているように四月一日の変化に驚かされます。4年後ということで他の人物の環境も変わっているようですが、その変化の中で変わらずに四月一日を慕う人達。壮大な規模で話が進んだ『ツバサ』に対し何気ない日常風景の中にあるモノが描かれてきた『xxxHolic』ですが、それは新しい章でも変わらないようです。賑やかな侑子さんがいない為、物悲しい雰囲気は拭えませんが。

 『ツバサ』を読まず、『xxxHolic』だけ読んでいるという人にはこの巻の最初の方の展開に少々戸惑うかもしれません。百目鬼が異変を察知し、数ページ後には四月一日の決意の台詞。この数ページの間で四月一日が彼らと何を話したのかは『ツバサ』の最終巻を読まないといけません。連載当初からリンクしていましたが、当初は道具などの行き交い程度ですんでいました。ですが、『ツバサ』が佳境にはいるにつれ様々なことが明らかになり、『xxxHolic』がそれに置いてけぼりをくらいがちに。読まなくても楽しめるが、読んだ方がもっと深く楽しめるということに関して、この巻は特にそうだったように思います。
 『ツバサ』未読の方は『xxxHolic』が新しい章に突入したこの機会に読むことをオススメします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
投稿者 N 投稿日 2010/3/21
形式: コミック Amazonで購入
前回からある程度予想していましたが、すごい展開になって
きました。今後とも目が離せません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。 このレビューが不適切である場合は、当社までお知らせください。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。


フィードバック